ハワイのコナコーヒーの特徴と、いま訪れたいハワイ島の農園

世界的に有名なハワイ島の名産品といえばコーヒー。ハワイ土産としても定番となっていますが、ハワイ島のコーヒーについて、あなたはどれくらい知っていますか?ハワイ島産コーヒーの基礎知識に加え、見学などができる注目の農園情報をお届けします。最後には、オアフ島では入手できないレアな豆情報も!知って、訪ねて、もっと美味しく楽しみませんか?

コナコーヒーってどんな豆?

ハワイ島産コーヒーと言えばコナコーヒーが最もよく知られていますが、近年ではカウやプナ、ヒロで栽培する農園もあります。スッキリとした酸味が特徴で、クセもなく苦味も強くないですが、コクが深い味わいです。飲み方に関しては、ミディアムロースト~シティローストで焙煎すれば、酸味を生かしたさわやかなコーヒーになり、お湯の温度は92~3度で淹れれば、コーヒーのマイルドさが引き立つ味わいになります。このように、豆の挽き方やコーヒーの淹れ方にもひと工夫すれば、さらにハワイ島のコーヒーを楽しむことができるのでおすすめです。

ハワイ島で採れるコーヒー豆って?

ハワイ島で採れるコーヒー豆には、コナコーヒーをはじめ、カウコーヒーのほか、プナコーヒー、ヒロコーヒーなどがあります。『コナコーヒー』と呼ばれるのは、州政府の厳しい検査を経て選別されたアラビカ種ティピカをはじめコナ地区でのみ栽培収穫されたものを指します。カウ地域で採れるカウコーヒーはアラビカ種の色々な種類の豆が栽培・収穫されているため、農園によって味わいに個性が出ます。プナやヒロで採れるコーヒーはまだ少ないですが、地域によって飲み比べてみるのもいいですね。

コーヒー豆の栽培に適しているワケ

ハワイの火山が作る土壌や、雨量に、昼夜の寒暖差など、コーヒー栽培に理想的な条件がそろうのがコナ地区。特に農園が多く並ぶ、長さ約32km、幅3.2kmのエリアは『コナコーヒー・ベルト』と呼ばれ、年間90万kgものコーヒー豆が収穫されています。またコナの地層は溶岩の下に肥沃な下層土があり、この土によって養分が苗に行き渡るのだとか。これらの条件が合わさり、ここでしかできないコーヒーの味わいが作り出されます。

コナコーヒーは世界3大コーヒーのひとつ!

ハワイ島産コーヒーの代名詞コナコーヒー。ジャマイカのブルーマウンテン、タンザニアのキリマンジャロと並ぶ“世界3大コーヒー”のひとつで、世界で流通しているコーヒー総生産量のたった0.1%以下に過ぎない希少なコーヒー豆。スッキリとした雑味の少ない酸味が特徴的なことから、「酸味の女王」とも呼ばれています。アメリカでコーヒーを生産しているのはハワイ州だけなので、ホワイトハウスの晩餐会でも嗜まれているのだとか。

コーヒーの味わいチャート

コナコーヒーだけで5種類ある!?

完熟度の増した豆ほど美味しいと言われるが、コナコーヒーはその大きさで5段階に分けられます。一番大きく最高の等級がつけられる「エクストラファンシー」、「ファンシー」、「No.1」、「セレクト」、「プライム」と続き、それ以下の規格外の豆は、「ハワイアンコーヒー」と呼ばれる。また、通常2つの種子が1つしかない「ピーベリー」という希少な豆も愛好家に人気があります。

ハワイ島でコナコーヒーを栽培する農園を訪ねてみよう

コーヒー農園の楽しみ方

より深く知るなら、農園見学がおすすめ。ハワイ島にある農園はそれぞれ歴史や栽培方法が異なり、どこも個性的。時間があればいくつも回って、比べてみるのも楽しいですね。

UCCハワイコナコーヒー直営農園

東京ドーム約3倍の敷地面積を誇る『UCC』のコーヒー農園。園内にあるキオスクではコーヒーの試飲ができるほか、焙煎したてのフレッシュな豆の購入も可能です。運が良ければ希少なピーベリーが買えることも。また、旅の記念になるオリジナルポストカードも人気。その場で切手を貼って投函することもできます。

【DATA】
住所:75-5568 Mamalahoa Hwy., Holualoa
電話:808-322-3789、808-960-1218
営業時間:9:00~16:30
定休日:なし(元旦・サンクスギビング・ クリスマスを除く)
https://www.ucc-hawaii.com/ja/

村松小農園

コナコーヒーに魅せられてこの島に移住した、コーヒー愛あふれる村松夫妻が営む農園。無農薬と有機肥料にこだわって約3,000本のコーヒーの木を育て、焙煎まで自分たちで行っています。時間帯は午後に限られるが、農園見学や試飲も可能。もちろん日本語で案内してもらえるので安心。また、園内では130本ほどのカカオも栽培。そのカカオから、農園のコーヒーに合うように作られた自家製チョコも絶品です。

【DATA】
住所:78-6919 Palekana Rd., Holualoa
電話:808-936-0904(日本語)
営業時間:13:00~17:00
定休日:土・日曜、米国・ハワイ州の祝日
https://kona-coffee.jimdo.com/

グリーンウェル・ファームズ

イギリス人移住者ヘンリー・ニコライ・グリーンウェル氏が創業し、代々コーヒー作りに従事している家族農園。コナエリアでも随一の規模を誇り、自社栽培のほか周辺農園の豆を焙煎、販売も行う。ツアーではコーヒーの歴史も学べ、試飲も可能です。

【DATA】
住所:81-6581 Mamalahoa Hwy., Kealakekua
電話:808-323-2295
営業時間:8:30~17:00
定休日:なし

コナ・ジョー・コーヒー

絶景の立地が魅力の農園。高台から臨む農園の景色はさることながら、特に注目されているのは特許取得の栽培方法。ワイン用のブドウを栽培する際に行うトレリス仕立てを採用し丁寧に作られたコーヒーはオバマ元大統領も愛飲するほどの美味しさに仕上がっています。

【DATA】
住所:79-7346 Mamalahoa Hwy., Kealakekua
電話:808-322-2100
営業時間:8:00~17:00
定休日:なし

ペレ・プランテーションズ

2014年創業の農園。特徴は生産するコーヒー豆がすべてオーガニック認定されていること。厳しいチェックを突破したノンケミカルの土や手作業での収穫、自然乾燥、エイジングなど全工程でこだわり抜いた希少なコーヒーが楽しめます。

【DATA】
※プライベートファームのため要問い合わせ
電話:808-328-2028
メール:aloha@peleplantations.com
ウェブサイト:https://peleplantations.com

コナコーヒーの焙煎ツアーに参加してオリジナル豆を作ろう

「UCCハワイコナコーヒー直営農園」は日本でもおなじみ『UCC』の直営農園。2万本近いコーヒーの木が植えられた農園の向こうにはコナの海が広がり、フォトスポットとしても人気が高い。この農園でぜひとも参加したいのが、コナコーヒーを自分好みにローストできる「焙煎体験ツアー」。日本語OKのスタッフがアテンドしてくれるので、気軽に参加できる。

焙煎体験ツアーの流れ

経験豊富なスタッフの助けを借りて生豆を自分好みにロースト!人気ツアーのため必ずネット予約を。

1. 写真撮影&ラベル制作
まずは袋に貼るラベル用の写真をデジカメで撮影。ラベルデザインは4種類からセレクトでき、日付や名前、好みのロースト名などを入れられる。

2. 焙煎について学ぶ
生豆や焙煎豆のサンプルを見ながら焙煎について学ぶ。浅煎りは酸味が強く、深煎りは苦味が強くなり、日本人にはやや深煎りが人気だそう。

3. 焙煎機でローストする
生豆を焙煎機に入れてローストする。10分ほどで水分が飛び、そこから一気に色づく。ヘラで焼き色をチェックしながら好みの焙煎に仕上げる。

4. 袋に詰めて完成
焙煎機から取り出した豆は、扇風機の風を当てつつヘラでかき混ぜ、冷ましてローストを止める。冷えたらオリジナルラベルの袋に詰めて完成!

5. コーヒー農園を見学
焙煎体験後は、広大な斜面に広がるコーヒー農園を見学。収穫期の8~10月頃には、完熟して赤く色づいたコーヒーチェリーが見られる。

焙煎体験は、ちょうどいいロースト加減を見極めるのにハラハラ、熱々の豆を焙煎機から取り出す作業にドキドキ!エンターテインメント性たっぷりだ。自分の写真
が貼られた袋に詰めてもらえて、旅のいい思い出にもなる。

焙煎体験以外にも、農園併設のカフェは、ドライブ休憩にもぴったり。人気のコナコーヒー・アイスクリームやアフォガートに加え、コーヒーゼリーパフェ、白玉コーヒーぜんざいなどの新メニューも見逃せない!

コナコーヒー・アイスクリームに、熱々エスプレッソをかけていただくアフォガート
白玉とあんこに、コーヒー味のアイス&シロップが絶妙マッチの白玉コーヒーぜんざい

さらに、収穫時期だけのお楽しみとして、収穫体験ツアーが新たにスタート。コナコーヒーの赤い実をハンドピッキングで摘む体験ができる。さらに、摘んだ実を製品化するまでの工程も詳しく教えてもらえる。時期が合えばぜひ参加したい貴重なチャンスだ。

開催時期は変動するので、Webで確認と事前予約を。

オアフ島では買えない、コナコーヒー豆カタログ

『村松小農園』エクストラ・ファンシー/ピーベリー

無農薬&有機栽培の豆を自家焙煎し、フレッシュな香りと味わいを追求しています。左は最高級の「エクストラ・ファンシー」8oz、右は希少な「ピーベリー」4oz

【DATA】
住所:78-6919 Palekana Rd., Holualoa
電話:808-936-0904(日本語)
ウェブサイト:https://kona-coffee.jimdo.com/
営業時間:13:00~17:00
定休日:土・日曜、米国・ハワイ州の祝日

『ペレ・プランテーションズ』100%オーガニック・コナコーヒー・ラウレア

厳しい外部審査と品質管理のもと徹底した手作業による栽培、焙煎で作られた100%コナ・オーガニックコーヒー。農園で一番人気の一品です。

【DATA】
※プライベートファームのため要問い合わせ
電話:808-328-2028
メール:aloha@peleplantations.com
ウェブサイト:https://peleplantations.com

『UCCハワイコナコーヒー直営農園』ウエシマ・コーヒーカンパニー・エステート・グロウン

『UCC』の直営農園で育てた豆だけを使用した100%コナコーヒー。香り豊かでコク深いのに、後味はさっぱりで飲みやすい仕上がりです。

【DATA】
住所:75-5568 Mamalahoa Hwy., Holualoa
電話:808-322-3789/808-960-1218(日本語)
営業時間:9:00~16:30
定休日:なし(元旦・サンクスギビング・ クリスマスを除く)
https://www.ucc-hawaii.com/ja/

『カントリー・サムライ・コーヒー・カンパニー』プレミアム・コナコーヒー

日系の国武さん一家が代々大切に育てるコーヒー。ハワイ名産無農薬コーヒーは香り高く、スッキリとした飲み口でファンも多い一品。

【DATA】
住所:コナ・スクエア内 75-5669 Alii Dr., Kailua-Kona
電話:808-331-1444
営業時間:11:00~17:00、日曜12:00~17:00
定休日:なし

『サウス・コナ・フルーツスタンド』コナコーヒー

ハイウェイ沿いのフルーツスタンドでは、コーヒーも販売。自らが栽培、ハンドピック収穫、ローストまで行います。ヴィエナ・ローストが特に美味。

【DATA】
住所:84-4770 Mamalahoa Hwy., Captain Cook
営業時間:9:00~17:00、日曜 10:00~16:00
定休日:なし

『グリーンウェル・ファームズ』100%コナコーヒー

広大な土地で営むコーヒー農園の一番人気豆。ハンドピックによる丁寧な収穫で、バニラやチョコレートを思わせるフレーバーが特徴的です。

【DATA】
住所:81-6581 Mamalahoa Hwy., Kealakekua
電話:808-323-2295
営業時間:8:30~17:00
定休日:なし

『オカ・ファミリー・ファーム』コナコーヒー

オカ夫妻が営む家族農園。独自の焙煎方法により香ばしいコーヒーを贅沢に楽しめます。観光エリアカイルア・コナで買えるのも嬉しいところ。

【DATA】
住所:コナ・イン・ ショッピング・ビレッジ内 75-5744 Alii Dr. Suite 15, Kailua-Kona
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし

 

ホノルルでもコナコーヒーはもちろん手に入るけれど、コナの農園での栽培、収穫、焙煎の様子を間近に見て体験することで、よりコナコーヒーが味わい深く感じられる。コーヒーをテーマにハワイ島ステイのプランを立ててみるのもおすすめ!

出典

SHARE

PROFILE

ハワイスタイル 編集部

ハワイスタイル 編集部

「一年に一度」のハワイを提案する、ハワイラバーズに向けたハワイ専門メディア。現地スタッフによる地元密着情報を交えた、奥深い魅力的なハワイ情報をお届けする。

ハワイスタイル 編集部の記事一覧

「一年に一度」のハワイを提案する、ハワイラバーズに向けたハワイ専門メディア。現地スタッフによる地元密着情報を交えた、奥深い魅力的なハワイ情報をお届けする。

ハワイスタイル 編集部の記事一覧

No more pages to load