BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

キャンプにBBQに! アウトドアにも最適な、“遊べるクルマ”厳選10。

交通手段としてのクルマ選びなら燃費の良さ、車内の空間の広さ、安全性などいろいろ機能面でチェックすることが多いだろう。だがそれだけでいいのか? せっかくクルマを持つのなら、趣味や遊びに使える一台を選んで、もっと楽しいカーライフを送ってみてはいかがだろうか。交通手段の一歩先、ライフスタイルとしてのクルマのおすすめと紹介する。

1.Chrysler Wrangler Unlimited

Jeep の中でも最も本格的なクロスカントリーモデル、ラングラーは、’87年に登場。初代YJ型、2代目TJ型に続いて、3代目の現行モデルJK型が’07年に登場。このモデルから4ドアモデルのアンリミテッドが登場。カーゴスペースが増え、遊び道具もたくさん積めるようになった。

2.AMC Jeep WAGONEER

’62年に登場したワゴニアは、’91年に生産が終了するまで、カイザージープからAMC、そしてクライスラーへと親会社を変えながらも基本コンセプトをかえることなく生産を続けてきたモデルだ。特に丸目ヘッドライトの初期モデルは人気。そして近い将来ワゴニアというモデルが復活するという噂もあり、何かと話題のワゴニアは、今最も注目すべき一台だ。

3.Mercedes-Benz G-Class

ドイツ語でオフロード車を意味するゲレンデバーゲンという愛称を持つGクラスは、’79年に登場。現在まで基本設計を変えることなく生産を続けているロングセラーだ。Lightning的には豪華装備満載になる前の初期型モデル、できれば2ドアをチョイスしたい。

4.Volkswagen VANAGON

ワーゲンバスの後継モデルとして、フラット4のままヘッドを水冷化したエンジンをリアに搭載する。バナゴンは北米仕様の名称で、日本では’90年以降のモデルがバナゴンと呼ばれる。

5.TOYOTA FJ Cruiser

 

FJ40型ランドクルーザーをオマージュし’06年に登場したFJクルーザー。’10年からは日本でも販売されたが、すでに昨年販売を終了している。実はオフロード性能も高く、遊びクルマとしては最適な一台だ。

6.LAND ROVER Range rover

レンジローバーは’70年に登場。丸目ヘッドライトを持つ初代モデルは’96年まで製造されたロングセラーだ。当初は2ドアモデルのみだったが、’80年に4ドアモデルを追加。最近復刻したことでも話題となった。

7.FORD EXPLORER

フォードが日本から撤退してしまった今だからこそ、あえてエクスプローラーに乗りたい。4代目はエコブーストエンジン搭載で税金も安い。

8.Dodge RAM VAN

Lightning編集部でもかつて愛用してたダッジ・ラムバン。人も荷物もいっぱい詰めるが、’03年に生産終了。今後入手は徐々に難しくなると思われる。

9.LAND ROVER DEFENDER

’15年で生産を終了したディフェンダーも今後は入手困難になりそうなモデルだ。使い勝手を重視するなら110のワゴンがおすすめ。

10.TOYOTA Land Cruiser 70

昨年復刻モデルが発売となった70系ランクルのピックアップ。4ドアで5名乗車が可能。ピックアップだが意外に使い勝手はよさそうだ。

 

いかがだったろうか。どれも外遊びに最適な、パワーと容量を兼ね備えている。クルマ選びの参考にしてみて。

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load