BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

機能美を追求した新型ジムニーに注目! あらゆる趣味やライフスタイルにフィットする。

スズキが世界に誇る小型クロスカントリーの先駆者、ジムニー。満を持して発売されたこの第4代目は、直線的なボディラインに回帰し、オンオフ共に走行性能が大進化。クルマ好き垂涎の仕上がりとなっている。

フルモデルチェンジした「ジムニー」どう変わった?

1970年に初代モデルが発売されて以来、コンパクトボディに本格4WD性能を持ったクルマとして愛され続け、今年7月、先代モデルから20年ぶりにフルモデルチェンジされるやいなや、方々で大きな話題を呼んでいる新型ジムニー。そのDNAというべき伝統的な構造を踏襲しつつ最新テクノロジーを融合し、歴代モデルを凌ぐ最高の仕上がりとなっている。

低回転での力強いトルクが特徴のR06A型ターボエンジンによって、オフロードでの走行性だけでなく、高速道路もストレスなく走行可能。ジムニーの伝統、本格的な4WDの証であるラダーフレーム構造も受け継いでいる

その大きな特徴が、オフロード性能に加え、オンロードでの走行性も向上していることだろう。原点に回帰したともいえるクラシックさが新しい見た目も相まって、世間ではジムニーの話題で溢れている。弊誌的には、ぜひ5MTで遊び尽くしたい。

カスタムパーツも大充実! いろいろな趣味にフィット!

ジムニーは、好みに合わせて色々とカスタムできるのも大きな魅力となっている。グリルのロゴを「SUZUKI」に変更するなど、歴代モデルをオマージュしたファン垂涎のエクステリア・カスタムから、本格的なアウトドアでの使用を想定した機能的なパーツやアクセサリーなど、幅広くラインナップされている。

他にも一部カスタム例をご紹介!

オフロードはもちろん、オンロードも安定感抜群!

これまでのジムニーを乗ったことがある方なら、歴代モデルと大きく違うと感じるポイントが、オンロードでの走行性だろう。圧倒的なオフロード性能とは裏腹に、高速道路の100㎞/h巡行でエンジンが唸ってしまうという小排気量の弱点を、今回の新型ジムニーは改善! 良い意味でジムニーに乗っているということを忘れそうになるほど高速道路もストレスフリーで走行可能となっている。

視覚的に傾斜などを判断できるようにインテリアにも直線的な部分が多い。新たにステアリングダンパーがついたことでオフロードでのハンドル操作性と安定感は抜群
パワーウィンドーのスイッチや坂道発進時に一時的にブレーキアシストするヒルホールドコントロール、急な下り坂でブレーキを自動制御するヒルディセントコントロールのスイッチはセンターに配置。2WDと4WDの切り替えがレバー式という点もファンにはたまらない! シートアレンジにも優れており、フルフラットも可能
運転席・助手席SRSエアバッグに加え、側面衝突時の頭部への衝撃を軽減するSRSカーテンエアバッグと、胸部への衝撃を軽減するフロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備。さらにXCは単眼カメラとレーザーレーダーでブレーキアシストするデュアルセンサーブレーキサポート、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、車両進入禁止や最高速度などの標識をメーター内の表示やブザー音で運転者に知らせる標識認識機能など先進の安全装備により安心感は絶大だ。※XL、XGはメーカーオプション

車両詳細データ

【問い合わせ先】
スズキ株式会社 お客様相談室
TEL0120-402-253
受付時間:9時~12時、13時~17時
http://www.suzuki.co.jp

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load