BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

約200万円のジーンズ! ヴィンテージの奥深さに注目!!

芸能人にも愛好している人が多いヴィンテージジーンズ。大量生産されて、いくらでも手に入る新品とは違い、年代によっては手作業で作られており、その時代なりの生産方法で作られており、そこから様々な歴史を経てきているのが魅力。いわば、そのジーンズの歴代のオーナーの歴史も含めて手にすることができるのが興味深いところ。

さて、200万のヴィンテージジーンズ「501XX」とはいかに?

atc_20150522_13215-06_01

このジーンズは、非常にコンディションの良い、ほぼ新品状態の501XXのバックシンチ仕様(ウエスト後部のサイズ調整用のベルト。ジーンズのスタイルが完成される以前にあったディテール)。通称1937年モデルと呼ばれるもの。

リーバイスの、そしてジーンズの原点ともいえる501XXがミントコンディションで保管されているのは極めて稀。そんな歴史を踏まえて、194万4000円の値札が付けられている。

在庫しているのは日本を代表するヴィンテージショップである原宿のベルベルジン(ただし、記事が出てる時点では、もう売れてしまっているかもしれないけれど)。この貴重なジーンズ、購入できずとも一度は拝みたいマニア垂涎の一着だ。

【DATA】
BerBerJin(ベルベルジン)
東京都渋谷区神宮前3-26-11
原宿SHビル
TEL03-3401-4666
http://berberjin.com

【information】
2015年5月26~28日に開催されるクラッチヴィンテージモールにもベルベルジンは出店予定なので、このジーンズも展示されるかも。これに限らず、ヴィンテージファンならひと目見ておきたい本物のビンテージがズラリと並ぶはずだ。※イベントは終了済み※

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load