街ごとアメリカ!? リアルに住める’50年代アメリカンタウンが日本にある!

憧れであり、懐かしくもあり……本場に住むより、いいかも。

三角屋根と横張りの板壁で作られたカントリーハウスの家々……映画で見るような憧れのアメリカの街並み。それが映画のセットなどではなく、1区画だけでもなく、だれでも“入居可能”な形で“街まるごと”日本に存在するのを、知っているだろうか?

埼玉県入間市に、その街「ジョンソンタウン」はある。今ではアメリカ本国でも見かけることが少なくなった冒頭のような’50年代のアメリカンハウスが立ち並ぶ古き良き街並みが、作り物ではなく実際の生活環境として根付いているのだ。

終戦後の1954年、アメリカ進駐軍が洋式の米軍ハウスを建設したことを端緒に、進駐軍が去った後も、アメリカに憧れる芸術家や音楽家たちが好んで移住。文化の発信地として機能してきた。戦後当時に建てられた米軍ハウスと、その雰囲気を継承した現代的低層住宅の平成ハウスが点在する、トラディショナルな街並みが続く。

atc_20150522_978-4-7779-3491-1_03

街のあちこちに住宅とマッチするオブジェや看板が置かれてたり、街全体が私たちが頭に描くアメリカそのものなので、歩いているだけでワクワクしてしまう。

atc_20150522_978-4-7779-3491-1_04

近年はカフェや雑貨屋などの店舗も増え、住民でなくても楽しめる観光地的な要素も強まってきたが、あくまでもここは居住区域。当時から続くアメリカらしい原風景を維持するため、家屋の間にあえて塀はなし。細い路地や芝生の庭が続き、そこを走り回って遊ぶ近所の子供たちと、それを温かく見守る大人たち。そんな懐かしい光景や、みんなで協力しあう昔ながらのローカルコミュニティがこの街にはまだ存在している。

atc_20150522_978-4-7779-3491-1_05

そしてこの街、基本的にはほとんどが賃貸物件であり実際に住むこともできる。おまけにジョンソンタウンの賃貸物件は、相談次第で自由にリフォームすることが可能。間仕切りして一部屋増やしたり、なんてまさにDIYな家の使い方もOKなのだ。

とはいえ、他の街には見つからないここまで魅力的な環境であるがゆえ、ジョンソンタウンの賃貸は非常に人気が高く、なかなか空きが出ないのが実情。アメリカンハウスを夢見るあなた、辛抱強く目を光らせておくことをオススメする。

DATA
ジョンソンタウン管理事務所
Tel:04-2962-4450
http://johnson-town.com

【写真:若林邦治】

(ヨシザワ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load