初夏にも足元はカッチリさせたいあなたに“スウェード靴”をススメる理由

サンダルには早く、ブーツはちょっと重い……そんな時期に履きたいベストアンサーとは

冬から春先までお世話になったブーツ。初夏に突入し、本格的な夏もいよいよ間近になってきた。とはいえ、サンダルはまだ少しフライング感があるし、やっぱり大好きなレザーで適度な無骨さをプラスしておきたいところ。

そんな僕らの気分に今応えてくれるのは、上品かつカジュアルなスタイルを叶えてくれる「スウェード」シューズ。なんといっても、表革にはない柔らかな表情が一番の魅力。スウェードで仕上げたシューズであれば、その無骨さをうまい具合に中和し、適度なカジュアル感をプラスしてくれる。その軽やかさが、いまの気分に絶妙に寄り添うのだ。

atc_20150605_19145-07_02

自身も大のスウェード好きとしてスウェードシューズをレコメンドするのは、宇都宮のアークを筆頭に、埼玉、群馬で計14店舗のショップを展開するリストリクト代表の伊勢博氏。好きが高じて、持っている靴の8割以上がスウェードだという氏は、その素材の魅力を“ファッション的に軽く見えること”だと語る。

「表革の靴も好きですが、どうしてもキマりすぎた印象になりがち。スウェードはそういう心配がないから合わせやすいんです。……(中略)ファッションはキメすぎるよりも少し隙がある方がいい。それは人も同じじゃないですか(笑)」

atc_20150605_19145-07_04

遊びを効かせた大人の初夏スタイルに、ばっちりハマるスウェード。“こなれ感”を素材の力に頼ってみるのも、悪くない。

(ヨシザワ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load