ファッション好きなら知っておかないと! 英国が生んだ偉大なる3大無骨素材

おしゃれ上級者ならぜひとも知っておきたい、英国3大素材。英国は昔から天然素材を組み合わせ、知恵を絞った機能素材を作ってきた歴史があり、その背景には、雨が多く、寒さも厳しい、そんな英国ならではの土地柄が関係している。そんな上質で機能的な素材ならぜひともライフスタイルに上手に取り入れたい。そこで、最低限知っておきたい、英国3大無骨素材をここでマスター!

01【Waxed Cotton】‐ワックスドコットン‐

英国のアナログ的な機能素材と聞いて、まず浮かぶのがワックスドコットン。もともとは、船の幌で使われており、それをヒントに不順な天候で働く湾岸労働者や漁師たちへ向けてワークウエアとして提供したのが始まり。丈夫なキャンバスにオイルを染み込ませることで、目が詰まり風を通さず、油分が水を弾くという優れもの。
01
02
バブアーは英国でも数少ないすべてのロイヤルワラントを所有するブランド。古着だとワラントの数で年代判別ができる。

03
ハンティング用に開発された知る人ぞ知る名作を現代的なシルエットでも再構築したニューロングショアマン。名作スモッグがジャケットが現代的なシルエットで復活。

02【Tweed】‐ツイード‐

ハリスツイードとは生地のブランドで、スコットランドにあるハリス&ルイス島で採れた羊毛を現地の職人が人力織機で織り上げたツイードのこと。各職人の自宅で織り上げたももを協会へ納め、そこで認められたものだけハリスツイードと言える。ウールなので防寒性はもちろん、羊毛の油分で少しの雨くらいなら防げる。また、手作業ならではの質感とクオリティのよさ、島の自然を反映した配色が魅力である。
04
main_05
ジャケット内側には、ハリスツイード協会が認めたクオリティであることを証明するタグが付く。厳しい基準があり、それをクリアしないと名乗れない。

06
島の自然を反映したナチュラルツイード。防寒性と撥水性も兼ねた名作イギリス製ジャケット。

03【Ventile】‐ベンタイル‐

ベンタイルは、イングランドのランカシャー州にあるファブリックメーカーであるタルボットウィービング社が展開する生地。もともとは英国の軍用に開発した生地で、細軍手のコットン双糸を限界まで打ち込むことで、水と風を防ぎ、浸透性も確保という力技。ただこの糸を作るには、最上級の繊維長のある綿が必要不可欠で、糸を使う量も多い、そのため量産できず高級生地なのだ。
07
08
超長綿を用いた細軍手の糸を高密度で打ち込むことで防水性を持たすという昔ながらの手法で作るベンタイルは、コットンながらも高級素材である。

09
南極の寒さにも耐えられるハイスペックなダウン。限界まで打ち込んだ昔ながらの職人技が光る。

これらは天然素材なので、どこか暖かみがあり、さらにメインテナンスをすれば機能性が落ちにくいものが多く、エイジングを楽しむことができるのも醍醐味のひとつ。英国にはひとつのものを長く使う美徳があり、そんな国民性だからこそ、化学繊維が出てきても昔ながらの機能素材を作り続けているのだ。

(I)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load