「リジットデニム」を、自分に合った縮みと色落ちに仕上げて長く愛そう!

ファッションアイテムの定番として市場に溢れかえっているジーンズ。シルエットも生地感も様々で、どのモデルを買えばいいのか迷う人も多いはず。そんな中でも、“長く愛せるジーンズ”として存在感を放っているのが「リジットデニム(リジットジーンズ)」だ。どんなところが魅力的なのか、「ウエアハウス」プレス・藤木さんにお聞きした。

リジットデニムの魅力は、「大きく縮んで」「捻じれること」。

リジットデニムの魅力は、ズバリ経年変化。リジッドデニムとは、「生デニム」や「ノンウォッシュ」と呼ばれるもので、未洗いのノリが付いた状態で出荷されるジーンズのこと。これを時間をかけて穿くことで、所有者の体形やライフスタイルを投影した色落ちになるのだ。

「デニム生地が縮む→身体にフィットする→自分に体系に合わせた色落ちになるという流れ。捻じれるというのは、デニム生地の性質上のもので、捻じれ防止加工が施されたジーンズと比べると、やはり裾部分が捻じれているもののほうが趣があって個人的にグッとくる」と、藤木さん談。

ノンウォッシュとワンウォッシュを比較してみた。

昔ながらの製法を継承し、正統派ならではのジーンズの魅力を再確認するべく、ノンウォッシュとワンウォッシュのシルエットを比較してみよう。

02サイド1 横から見ると生地が余っていた直線的なヒップまわりは、丸みを帯びて曲線的に。脚部分も若干タイトに変化。

03バック バックビューの変化も一目瞭然。生地のあまりから生まれるシワが無くなり、ぴったりとキレイなシルエットへと昇華した。

藤木さんの愛着あるジーンズのポイントとは?

【その1】縮むことでフィットする腰まわり。

04腰 フィットさせることで、身体と擦れやすくなり、エイジングもコントラストが効いた美しいものに。

【その2】内側の縫製も大切なファクター。

05内側 色落ちするのは表面だけではない。裏側の黄色い糸やオレンジの糸など褪色具合もグッとくるポイント。

【その3】足の甲に乗るセルビッジ。

06甲 デニムの生地の性質上、右綾なら右側に、左綾なら左側に捻じれる。捻じれ防止加工を施していないオーセンティックなジーンズの証の一つでもある。

以上のように、生デニムやノンウォッシュのリジットデニムは、育てて自分の体形にフィットするオンリーワンのデニムに、自分の身体を使って仕上げていくことができるのだ。

縮むことでシルエットに曲線が生まれ、ジーンズは本来のカタチへと変化。そして、身体にフィットすることで生まれる自分だけの色落ち。洗うことで明らかに変化していくジーンズは、まさに旧きよきオーセンティックなジーンズであり、流行に左右されることのない長く愛せる一本と言えるだろう。

デニムというものは、身体に馴染んでから初めて、愛着が湧くものとなる。そう感じさせてくれるのがリジットデニムの魅力である。

(I)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning編集部

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load