BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

これぞアメリカ! ラスベガスの上を滑空する絶叫ライド「スロットジラ ジップライン」がスゴイ!

絶叫系アクティビティが多く存在するアメリカ。いい意味で人を驚かせる遊びを生み出すのがアメリカという国だ。その遊びの規模のスケール感がまたスゴイ。中でもとりわけ異彩を放つのが、ラスベガスの電飾アーケードの上空を滑り降りていく『ジップ・ライン』。このぶっ飛んだアクティビティ、絶叫好きは見逃せない!

高さ35メートルからのスタートはまさに絶叫!

01

ネオンきらめくラスベガス・ダウンタウンにある電飾アーケード街。その場所に巨大なスロットマシンを模した「スロットジラ」という建物がある。ここで楽しめるアクティビティが、落差のある2地点をワイヤーで結び、滑車を組み込んだ器具を装着して一気に滑り降りる『ジップ・ライン』。アウトドアシーンで行われる一般的なジップ・ラインと異なり、電飾アーケード街という極めて特殊な環境下なのがなんともユニークだ。

まるでスーパーマン!? スタート位置で滑るポーズが異なる。

02

そのスタート地点は2カ所あり、建物の中腹にあるスロットコインの部分と、さらに上のリールの図柄が描かれた上部分にある。下段の高さは地上から約23メートル、上段部分は35メートルの高さ。そしてスタートする位置によって滑り降りる姿勢が異なり、下段は繋がれたワイヤーに腰掛けるような姿勢だが、上段ではまるでスーパーマンのような空を飛ぶ姿勢で滑り降りるのだ。

03

上段からのスタートは、初見だと腰が抜けてしまう高さと、滑り降りる前の言い知れない高揚感を味わえる。高いところが苦手な人は、まずは下段からトライしてみるといい。姿勢が違うだけで怖さがだいぶ落ち着くはず。

迫力のある高さからのスタートはまさに絶叫系!

04

さらに下段では219メートルの距離に対し、上段では483メートルと、倍以上もの滑空時間が味わえる。下段のチケット代は25ドル、上段のチケットは45ドル。チケットの購入は自動販売機を利用するか、もしくはオンラインでも入手可能となっている。何はともあれ、眼下にある電飾アーケードへ飛び出す浮遊感は筆舌しがたい楽しさだ。

煌びやかに賑わう幻想的な電飾アーケードの中を、しかも地上を行き交う人々の雑踏の真上を滑り降りるのだから、形容しがたいほどのスリルと神秘的な景観を体験できるのは間違いないはず。アメリカ旅行の際には、ビッグなアメリカならではの絶叫系アクティビティをぜひとも体験してみてほしい。きっと今までの世界観が変わるはずだ。

【DATA】
SlotZilla Zip Line(スロットジラ ジップライン)
住所/425 Fremont St #160,Las Vegas,NV 89101
TEL+1-702-678-5780
http://vegasexperience.com/slotzilla-zip-line

※情報は取材時のものです。

(出典/「Lightning 2017年5月号 Vol.277」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load