一生モノの『革小物』って? レザーラバーに聞いてみた

いつの時代も男を魅了してやまないレザー。使い込むほどに現れ出る美しいツヤやシボ。徐々に体に馴染んでいく従順さ。共に歩んだ時の経過が刻むキズすら、愛おしいものに感じてくる。ここではファッション業界のレザー好きが愛用する革小物を拝見! そこからモノ選びのヒントがきっと見つかるはず。

シンプルイズベスト。黒か茶で統一

【伊勢 博さん(アークネッツ代表)】
01A
日本を代表するセレクトショップである伊勢さん。世界中の良品を見てきた伊勢さんの革小物は、実にシンプル。「基本的にはブラックかブラウンで統一しています。ウォレットとカードケースは必ず一緒のブランドにしないと納得できない(笑)」と、その徹底ぶりがこの統一感を生み出している。
01伊勢さん
【1】こちらのウォレットとカードケースはすべてJ&Mデヴィッドソン。この2つのアイテムはブランドを揃えるだけでなく、必ずレザーの種類も合わせている。

【2】アーツ&サイエンスのタバコケース。中には喫煙具のほかに、コンパクトに収納できるドイツ発の筆記用具メーカーであるカヴェコのボールペン。

【3】いい風合いに仕上がったレザーバッグは、アーツ&サイエンス。シンプルなバッグで、かなり容量もあるため、スタイルを選ばないのが魅力。

使い込むごとに変化する重厚な雰囲気を楽しむ

【西崎智成さん(アトラクションズ 代表)】
02A
トータルのコレクション展開ではあるが、エンジニアブーツやライダースジャケットなど、レザープロダクトは専任ブランドにも引けを取らない徹底したクオリティであるアトラクションズ。代表の西崎さんの愛用品は、品のあるブラックが揃う。「自分の中で革小物は、ブランドは違えど、ブラックで統一しないとしっくりこないんです」
02西崎さん
【1】本ヌメホースバットを用いたレザーのウエスト&ショルダーバッグ。最初は革の油分で表面がマットな質感であるが、使い込むことで光沢感が出てきて、重厚な雰囲気に。

【2】こちらは親交のある革人形作家である本池秀夫氏に作ってもらったレザーのキャスケット。氏が手掛けるモーターで、ハンドメイドである。

【3】アトラクションズが仙台のベルト専門のブランドであるエースウエスタンベルトに別注したもの。銀面が削れ、まるで古着のよう。

使い込むごとに味が出ていい雰囲気に

【後藤恒明さん(ルイスレザーズジャパン店長/プレス)】
03A
ルイスレザーズの代理店を務めるロウルの後藤さんは、大のレザー好き。特に意識しているのが、英国らしいブルーだ。「ルイスレザーズのライダースでも持っているのですが、青いレザーに惹かれるんです。自社以外でも気に入ったものがあれば、買っていて、そこそこの数になっています」
03後藤さん
【1】ルイスレザーズのショートグローブは、ライダースにも使われているシープスキンを使用している。5年ほど愛用しているので、かなり味が出ていい雰囲気に。

【2】カリフォルニアを拠点とするレザーブランドであるジェデコの手帳は、カラーリングに一目惚れ。明るめのブルーのトーンが気に入って、常に持っているそう。

【3】ストップライトのオリジナルキーホルダー。スタッズで一つ目のスマイルマークが配されている。好きなブルーのレザーでオーダーしたものである。

 

 

一言に革小物と言っても、デザインも好みも千差万別だが、やはりレザーの醍醐味は経年変化。しかもそれはかなり顕著に現れる。アナタの人生を豊かにしてくれる、そして一生を共に過ごすに相応しい革小物たちを、今こそ探しに街へ繰り出しては? きっと最高の“伴侶”に出会えるはずだ。

(I)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load