新旧アメリカン4WD。『アーリーブロンコ』で洒落ていくか、『最新ジープ』でタフに決めるか?

本来悪路を駆け抜けるために生まれた四輪駆動車を、おしゃれに街で乗るという文化を作ったのは間違いなくアメリカだ。さっそく今も昔も変わらないSUVに感じる力強さに酔いしれてみよう。

長年愛され続けるコンパクトな初代モデル【1972 Ford Bronco】

’65年8月、ジープ・CJ-5やインターナショナル・スカウトなど、当時急成長を遂げていた4WD市場にフォードが満を持して投入したのがブロンコだ。’77年までに生産された初代モデルは、アーリーブロンコとして今でも愛されている。
01A

【Specification】
●全長×全幅×全高/3863×1755×1809㎜
●ホイールベース/2336㎜
●車両重量/1700㎏
●エンジン/V型8気筒
●排気量/302cid(約5L)
●トランスミッション/3速コラムAT
●乗車定員/4名
●車両価格/応相談

男心をくすぐる憧れのアーリーブロンコ

【ココがポイント!】
その1:都心でも乗りやすいコンパクトなボディ
その2:V8ならではのパワフルな走り
その3:アメリカでも貴重なオリジナルペイント

02
この車両は、ガレージ弦巻で販売中の’72年式のブロンコ・スポーツ。なんと非常に珍しいTampico Yellowのオリジナルペイントをキープした一台。所々擦れている部分もあるが概ね状態は良く、大部分はツヤも失われていない。アップデートカスタムや、ハイリフトカスタムが人気となっているが、実はアメリカでもこういったオリジナルをキープした個体の人気は非常に高くなっているという。なんとも男の所有欲をそそる一台なのだ。

03
丸目ヘッドライトの内側に四角いウインカーを配したアーリーブロンコの特徴的なフロントフェイス。

ウィリスMBのDNAを受け継ぐ元祖ユーティリティ4×4【2018 JEEP Wrangler】

第二次大戦中の軍用自動車として誕生したウィリスMBのイメージを継承しながらモデルチェンジを繰り返してきたジープ。現行のJK型ラングラーは、’07年に登場。4ドアのアンリミテッドが人気となり、大成功を収めたモデルだ。
04

【Specification】
●全長×全幅×全高/4705×1880×1845㎜
●ホイールベース/2945㎜
●車両重量/2040㎏
●エンジン/V型6気筒
●排気量/219.9cid(約3.6L)
●トランスミッション/5速フロアAT
●乗車定員/5名
●車両価格/466万370円~(タイガーパッケージCタイプ・税別)

車検もOK! タイガーパッケージ

【ココがポイント!】
その1:歴史あるジープの最新モデル
その2:未だに健在! 本格的オフロード性能
その3:カスタム済みの新車をディーラーで購入可能

05
埼玉県のタイガーオートでは、新車のラングラーに同店オススメのパーツを最初から取り付けたタイガーパッケージを販売している。この車両は3インチリフトアップに加えて35インチタイヤを装着したタイプCというパッケージ。これをベースにLINE-XでペイントしたJAOSバンパーや、JKラングラー専用に開発されたALPINE9インチナビを装着したカスタム車両。ちなみタイガーオートではこの状態で新車で販売しているため、車検ももちろんこのままでOK。

06
JAOSのバンパーをベースにLINE-Xを塗布したカスタムバンパーを装着している。

アメリカの伝統を体現する2大巨塔。特にアーリーブロンコは、年式によって半世紀が経過しているヴィンテージカーで、すでにアメリカでも価格高騰中で状態の良い個体は入手が難しくなってきているという。一方ラングラーはというと、アメリカでは次期JL型ラングラーが発表され、日本でも年末には販売されるそう。新車でJK型を買うのは最後のチャンスとなりそうなので、入手したい方はぜひお早めに。

(出典:『Lightning 2018年5月号 Vol.289』)

(S)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load