男心をわし掴み! 個性的なフォルムが魅力の人気プランツ11選

旬なサボテンや塊根植物に興味はあるが、何を買っていいかわからない…。そんなあなたにオススメしたい間違いなしの人気植物をピックアップ。その色味やその独特なフォルムがなんとも男心をそそるのです!

通量が少ないが人気の高いレアパキポ ! 『パキポディウム イノピナツム』

01
イノピナツムは、パキポディウム ロスラーツムの亜種として’90年代に登録された。そのため市場に出回っておらず、人気は高いが、なかなか目にすることができない。このイノピナツムのみならず、均等な二頭の塊根やサボテンは非常に珍しく、相場を超えるコレクターズピースでもある。相場価格1万5000円~6万円。

コンパクトなサイズを維持できるブドウ科の塊根『キフォステンマ ベティフォルメ』

02
ソマリアの国境地帯に分布するブドウ科に属する塊根植物で、そのずんぐりむっくりなフォルムが人気の理由。また幹を覆う薄い表皮は、スベスベの質感が特徴で、経年により紙のように剥がれるのも醍醐味。幹が大きく生長しないため、コンパクトに楽しみたい人にオススメの品種である。相場価格1万5000円~4万円。

扁平で枝の短いグラキリスのようなレア形も! 『パキポディウム カクチペス』

03
主にマダガスカル南部が原産となり、岸壁の裂け目や乾燥した低木林に自生する。低くワイドに広がるシルエットが特徴であるが、この写真のようにてっぺんが扁平で丸々としたかわいらしいフォルムも。また赤味のある肌の個体は通称「赤肌」と呼ばれて、塊根フリークからも人気。相場価格2万円~5万円。

塊根の王様はゴツゴツとしたワイルドな肌! 『オペルクリカリア パキプス』

04
成熟すると1メートルほどの高さになり、その圧倒的な雰囲気と希少性から塊根植物の王様と言われる。人気による乱獲によりワシントン条約の対象種に指定され、さらに価格が高騰。幹は大きくなりにくいが、枝は伸びやすく秋になると葉が紅葉するので盆栽感覚でも楽しめる。18万円~50万円。

キャラの強いゴツゴツとした緑の肌が魅力! 『アデニア グロボーサ』

05
緑色の肌とイボのような突起がインパクト大のグロボーサ。その塊根本体に負けず劣らずの枝から生えた太い棘もポイント。年間を通して日の当たる場所で管理したいが、本体を太陽に当てすぎると日焼けの原因となるため、置き場所を工夫する必要あり。ただ基本的には丈夫な品種。相場価格1万円~8万円。

荒々しさと美しさが同居する黒& 青『アガベ チタノタ ブラック&ブルー』

06
近年、流行っているアガベの中でも有数の人気を誇るチタノタ。そのバリエーションは豊富で、非常にマニアック。このブラック&ブルーは、葉のエッジにあるツメ部分が黒く、ボディに青味のあることから。葉が開いた状態よりも、全体が締まって、丸みのある方が美しいとされている。相場価格5000円~5万円。

通称タコモノと呼ばれる個性的な形が◎ 『ユーフォルビア ガムケンシス』

07
南アフリカを原産とするもので、次なるトレンドになると思われる注目種。タコモノと呼ばれるユーフォルビアの中でも、枝数が少なく、まばらに生えるため球体のシルエットを楽しめるのが魅力。ボディの球体はそう大きくならず、ミカンぐらいのサイズなので価格差も少ない。相場価格1万5000円~3万円。

ツルッとした緑の美肌が人気の理由『アデニア スピノーサ』

08
南アフリカ、ジンバブエ、ボツワナ南部に分布するスピノーサは、株が若いほど緑色が濃く、生長するにつれ色が薄まる。この個体は大株なので少し薄くなっている印象。アデニア・グラウカによく似ているが葉の形状と枝に針がある。そこで判断できるので、覚えておきたい。相場価格2万円~10万円。

狙うならよりワイルドな現地球を! 『コピアポア 黒王丸』

09
ここ1~2年でもっとも人気が上がったサボテンのひとつ。写真のようにコナが吹いたような白肌に黒い棘が美しいとされている。これは現地の厳しい環境で育った黒王丸の特徴で、日本で実生されたものは、この雰囲気にならない。そのため現地球と実生で価格に大きく差が出る。相場価格2万5000円~8万円。

その美しさから砂漠の宝石と呼ばれる品種『ハオルチア ベヌスタ』

メイン
手頃な価格からびっくりするくらいのハイプライスまである奥深いハオルチア。このベヌスタという品種は、表面が細かい毛に覆われているのが特徴。その透き通るような美しさから、砂漠の宝石、クリスタルプラントとも呼ばれる。珍しく直射日光を嫌う植物であることもおもしろい。相場価格3000円~2万円。

木質化する経年変化も魅力の人気者! 『ユーフォルビア オベサ』

10
ユーフォルビアの中でも高い人気を誇るオベサは、バリダ、ホリダと並ぶ定番。南アフリカの北ケープ州が原産で、小石が多い丘陵地帯にて埋もれるように自生。その丸みのあるフォルムから英名はバスケットボールプランツ。生長すると一部が木質化して、ワイルドな表情に! 相場価格1000円~4万円。

異国情緒に対するロマンなのか、それとも純粋なる本能なのか…。不思議な植物に惹かれてしまう男たちだがその理由はさまざま。今回は人気プランツと一緒に市場の相場価格も合わせて紹介しているので、(ただし個体のサイズやコンディションで大きく変動するのでかなり幅広く表記)ぜひご参考に。

(出典:『Lightning 2018年6月号 Vol.290』)

(S)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load