BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

貴重! 80歳の現役サーファー愛用の “初代”フォード・エコノラインが日本上陸!

特徴的なヘッドライトベゼルと丸みを帯びたキュートなボディから、今なおファンが多い初代フォード・エコノライン。オレンジカウンティで80歳の爺さんがサーフビークルとして乗っていたという、 真っ赤なパッセンジャーワゴンが日本上陸を果たした。こんなクルマを趣味の相棒に選べば、移動中すら楽しくなること間違いナシ!

サーフビークルとして乗り続けてきた「フォード エコノライン(Ford Econoline)」。

20180713_lng17

アメリカンフルサイズバンを得意とする、横浜のディーズクルーに入荷した一台のオールドバン。ここ最近西海岸ではなかなか良いヴィンテージカーが少なくなってきているそうだが、このエコノラインは、カリフォルニアで 80歳の老夫婦から購入したという。そこには驚きのエピソードがあったのだ。

20180713_lng14

オレンジカウンティのコスタメサに住むデールさんは、御年なんと80歳。今でも毎日ビーチに足を運ぶ現役サーファーだ。これまでさまざまなサーフビークルに乗ってきたデールさんだが、彼がこのエコノラインを入手したのは、意外なことに今から10年前、なんと70歳の時だという。

「バンは後ろにロングボードも積めるし、中で着替えることもできるだろ。だから便利なんだ。エコノラインのファーストジェネレーションは、スタイルもクールだし、何より最近のフルサイズバンよりコンパクトなのがいいね。ビーチによってはこのくらいのサイズのほうが便利なんだよ」

20180713_lng16

カリフォルニア周辺ではサーフカルチャーとともに、サーフビークルという独特の文化が発展した。サーフィンだけでなく、その行き帰りのクルマもクールなキメるのがロコのスタイル。そんなカルチャーを80歳で実践しているデールさんはそのライフスタイルすべて がカッコイイ。

デールさんが乗るのは、エコノラインデビュー翌年の ’62年式で、後方まで窓が備わるパッセンジャーワゴンだ。エコノラインにはパネルバンやピックアップなどの商用モデルもラインナップされているが、こちらはリアシートが装着される乗用モデル。ここにサーフ ボードを積み込んで日々ビーチに通っているそうだ。

20180713_lng15

そんなデールさんだが、今年ついにこの車を手放すこととなったという。「80になったし、さすがにパワステがないときつくなってきたんで、もうちょっと快適なクルマに乗り換えようと思ってね」

サーフィンをリタイヤするのかと思いきや、さらなる快適な一台でこれからもサーフィンを続けるんだそう。デールさん、まだまだ現役サーファーなのである。

(出典/「Lightning 2018年8月号 Vol.292」

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load