初代ゲレンデヴァーゲンでクラシックキャンプを楽しむ

近年、人気が上がっているゲレンデヴァーゲンの初代モデル。ミリタリー色を強く残したクラシックなクルマでどこか手作業の暖かみを感じる道具たちでキャンプを楽しむ。そんなセンスのいいキャンプスタイルを楽しむネイタルデザイン・ディレクター後藤伸介さんをクローズアップ!

ゲレンデヴァーゲンでファミリーキャンプに出かけよう

20180713_lng37 アウトドアウエアの機能美と洋服好きから見ても唸るユーモアの効いたデザインを織り交ぜるネイタルデザイン。ウエアだけでなく、目利きの後藤さんが信頼するギアメーカーに別注するなど、魅力的なプロダクツを生み出している。

そんな後藤さんのアウトドアライフを支えるのが、初代ゲレンデヴァーゲンだ。

「前はアメリカ車に乗っていたのですが、現行のGクラスとは一味違う趣のあるゲレンデヴァーゲンに惹かれて乗り換えたんです。5~6年ほど乗っていますが、細かなマイナートラブルはあるものの自走ができなくなったことはありませんし、この年代でも信頼性は高いですね。自分の住んでいる世田谷は狭い道が多いですが、意外とコンパクトなので困りませんし、車高があるから荷物が載って、ファミリーキャンプレベルであれば十分ですね。家族で使うことを想定していたので、3ドアでなく、5ドアをあえて探しました」

デイリーに使えるゲレンデヴァーゲンの初代モデル。1988 MERCEDES-BENZ 230GE

20180713_lng36 NATO軍に正式採用されていた軍用車両を民間用にアレンジし、1979年にリリースされたゲレンデヴァーゲンのW460。230GEと言えば、3ドアのイメージが強いが、日本では1988年から2年ほど4ドアモデルが正規輸入されていた。そのヘビーデューティなエクステリアから近年は価格が上昇している。

現在は高級SUVの代名詞となっているGクラスと比べると、この時代は軍用車両らしい精悍なフェイス。ミラーもクラシカルな意匠だ。

20180713_lng35 シンプルで視認性に優れたインパネやハンドルはすべて純正のままをキープしている。クラシックなインテリアであるが、インジェクションなので日常使いにも最適である。

20180713_lng34 チェックのファブリックは、この年代のゲレンデヴァーゲンの大きな特徴のひとつ。現行の特別仕様で復刻されるほど。

20180713_lng33 2300ccの直列4気筒エンジンに4ATのミッションが組み合わせられている。上り坂でパワー不足を感じることもあるそうだが、高速での走行は快適だとか。整備がしやすいように大きく開くボンネットも軍用車両ならではの作りだ。

味のあるキャンプ道具を拝見!

20180713_lng29 キャンパーの憧れの椅子であるカーミットチェアにネイタルデザインが別注したもの。1000デニールのカモ柄で、ボディはウォールナット。サンプルだが販売する可能性も。

20180713_lng32 いろいろと試した結果、ハイクオリティなテントやタープを展開するスウェーデンのヒルバーグに。ペグはスノーピークなどのヘビーデューティなものが中心。

20180713_lng30 48Lもの大容量となったバックパックは、バレットとネイタルデザインのコラボレーション。キャンプでも活躍。4万2120円。

20180713_lng28 かなり前に廃盤になってしまったイグルーのメタルジャグ。キャンパーから絶大な人気を誇る。

趣味の世界をさらに広げてくれるクルマ選びとカーライフ。それこそが充実したライフスタイルを築いてくれるだろう。

(出典:『Lightning 2018年8月号 Vol.292』)

(ライター:千葉泰江)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load