BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「フレックス・ドリーム」の“雰囲気のあるクルマ”に乗るとアウトドアがさらに楽しくなる!

エコカーが全盛の現在、趣味性の高いクルマに乗る意味とはなんだろうか。その答えは、この写真を見てもらえばわかるはず。「フレックス・ドリーム」では、こんな趣味のあるライフスタイルをクラシカルな顔つきのクルマを通して提案している。

「素敵!」と思えるライフスタイルはクルマから始まる。

クルマは低燃費に限る。家計的に考えても、それは間違いのない事実なのだけど、クルマには燃費効率だけでは計り知れない魅力がたくさんある。我々にとってその大きな判断基準のひとつが、趣味性があるか否かということ。つまり「足」として使うクルマではなく、自分のライフスタイルや趣味に合う「相棒」としてのクルマであるということが重要なのだ。

そんな価値観でクルマを販売している人たちがいる。「フレックス・ドリーム」だ。取り扱うのは、ランクル、ハイエース、日本では発売されていないUSトヨタの各モデルなど、趣味に使いやすいクルマばかり。特に世界的に人気のあるランクルは、クラシカルかつ都会的でスタイリッシュなカスタムを施したモデルを軸に、単なるクルマとしてではなく、ライフスタイルのひとつとして提案。スタッフ自らもそれを体現している。

1.ランクル80“丸目60フェイカスタム”【TOYOTA LAND CRUISER 80】

007

1990年デビューの7世代目は、程よいクラシック感で人気上昇中。それを前世代の60シリーズの顔にカスタムした。独自に作ったFRP製のフェイスKITはプレスラインにまでこだわって60前期フェイスに!

006

スタッフの多くがバス釣りを楽しむ。そのため、このクルマはバス釣りをテーマにカスタム。アルミ製のバスボートも楽々積載可能。

047

「フレックス・ドリーム」のスタッフは撮影前日から現地入りしてキャンプ。朝一からバス釣りするという生粋のアウトドアマンだ。このクルマは、ペンドルトンからブランケットを仕入れ、それで仕立てたシートカバーも装備する。

2.ランクル100“丸目クラシックスタイル”【TOYOTA LAND CRUISER 100】

004

80シリーズの後継として1997年にデビューした100シリーズは、サルーンというイメージも強くなり、どこかオジサンっぽい印象だが、オリジナルの丸目フェイスへとチェンジ、LINE-Xも取り入れてカスタムすることで、ワイルドで趣味性の高い1台に仕上げている。

003

いまアメリカのカスタムカーの世界で大人気なのが、LINE-X(ラインエックス)という塗装。耐衝撃、防災、防水、防錆に優れ、補強にもなるためアメリカ軍でも使用されている。これにより機能だけでなく、カッコイイ見た目も演出。オリジナルのグレーペイントと繰り合わせるとこれが都会的な印象になるのだ。

3.アーバンカスタムを施した【TOYOTA FJクルーザー】

名称未設定-27

同じ“水遊び”でも、こちらはSUPを楽しむための1台として、この日は現地入り。少しだけリフトアップし、マッドテレインタイヤに鉄チンのホイールを合わせることでワイルドさをプラスしたカスタムを施している。

002

フレックス・ドリームらしい“アーバン・アウトドア”な雰囲気にカスタムしたFJクルーザー。さりげないLINE-Xペイントなどセンス良く手を入れたこの1台は、SUPボードをキャリアに積載する。

001

遊びに興じているオーナーを見つめるように佇む愛車の姿が、こんなに雰囲気のある相棒だったら……。その遊んでいるシーンは、こんなに“画になる”のです! 完全に自己満足なのだが、ライフスタイルの充実とは、自己満足ポイントの積み重ねでもあるのだ。こんなクルマなら週末をもっと楽しむことができるはず!

【お問合せ先】
フレックス・ドリーム
TEL042-486-8887(ランクル調布)
http://www.flexdream.jp

(出典:『Lightning 2018年10月号 Vol.294』)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning編集部

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load