王道には理由がある。ベトナム戦争初期にデビューし、長きに渡り活躍したフィールドジャケットとは!?

ファッションシーンでは、もはやなくてはならないデザインスタイルとして幅広く支持されているM-65ジャケット。ミリタリールーツであることは周知の事実だが、その優れた機能性、また、ライニングを使った防寒着としての側面があることは意外と知られていない。

ベトナム戦争初期の最新スペックを搭載

20181105_1_01

すでにストリートファッションでもお馴染みのジャケット「M-65」。呼称からも察することができるが、誕生は1965年前後。前身のM-40、M-43(M-50)、M-51と続いてきたアメリカ陸軍のフィールドジャケットを引き継いたモデルで、文字通りベトナム戦争初期にデビューしたことになる。特徴としては前側に付いた4つのポケット、綿テープを使った袖口、シェルにナイロンを混紡(リアルマッコイズのM-65はコットンシェル)したことなど、当時としては機動性を高めるための最新スペックを搭載していた。

なぜ熱帯で活躍するはずのM-65に、ライニングが付属していたのか……。

20181105_1_02
(上写真)M-65ジャケットの防寒性を格段にアップさせるライナー。ボタンによる着脱は、前身のM-1951ジャケットから引き継いだもの。薄手に見えるが中綿が入っており、これを付けるのと付けないのでは保温性に大きな差が出る。4万3200円

知る人ぞ知るという点で言えば、M-65にはライナーがオプションで付いていたということ。ベトナム戦争といえば熱帯での活用を前提としているのに「なぜ?」という疑問がわくが、当時は対ソ連(現ロシア)想定も本格化していた時代で、実際にベトナム戦争に使われたジャングルファティーグなどの熱帯地域用の開発と並行して、こうした寒冷地対策も行われていたようだ。ライナーを装着すれば保温性は格段にアップ。初冬までのM-65の着用を可能にする理想的なオプションと言える。

20181105_1_07
(上写真)ナイロン製のシェルに中綿が入り、肌あたりは抜群。キルティングにより綿の偏りを防いでくれる。生地としては薄いが保温効果は絶大だ。

20181105_1_04
(上写真)M-65ジャケット本体との接合はボタンで行う。

20181105_1_06
(上写真)タグには制式名称「LINER、COLD WEATHER COAT、MAN’S」が入る。

20181105_1_05
(上写真)脇部分は動きやすさと蒸れ防止のため、開口している。

動きやすく、また防寒性にも優れたフィールドジャケットは、これからの季節1枚持っておいて損はないアイテムだ。

【DATA】
問い合わせ:ザ・リアルマッコイズ
仙台(022-397-7081)、金沢(076-260-7030)、東京(03-6427-4300)、京都(075-708-5456)、大阪(06-4391-8430)、神戸(078-331-0620)、福岡(092-738-7977)
http://www.realmccoys.co.jp

(出典:『LIGHTNING 2018年11月号 Vol.295』
(エイサイト編集部/千葉泰江)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load