【空間演出術を学ぶvol.3】内装はシンプルなまま、存在感のあるファニチャーで作る空間

住まいのインテリアは、動線や実用性も重視したいけれど、やっぱり人生で長い時間を過ごす“住処”をどんな風に作り込むか、どんなイメージでコーディネートするか、自分らしいライフスタイルを反映したお気に入りの空間づくには、こだわりたいところ。

そこで、インテリアのヒントにできる実例をご紹介。

しっかりとライフスタイルを持った人が自分たちの「好き」を空間で表現したひと癖もふた癖もある居住空間には、真似をしたくなるアイデアがいっぱい!

第3弾は、空間内に置くファニチャーや雑貨によって雰囲気を作るキリル・バガートさん。コツコツ集めたヴィンテージファニチャーが彩る空間に潜入!

アンティークでも、使ってこそその実力がわかる

021
カリフォルニアスタイルのインテリアといえば、ビーチを感じるサーフ系や、オイルの匂いがしそうなガレージ系を想像しがちだが、かつてのデザイナーズ・ファニチャーをメインにした、優等生的なスタイルも少なくない。
020
ロサンジェルスはシルバーレイクにあるショップ「カウンティLTD」のクリエイティブ・ディレクターをしているキリルの自宅は、真っ白な空間にセンス良くヴィンテージファニチャーを置いたショールームのような居住空間。

インテリアのチョイスは自分の直感を信じているけど、ベースにあるのはナチュラルな木製のファニチャーが好きだということ。大好きなイタリアやフレンチのモダニズムや、メキシコやアフリカのスタイルを取り入れているという。
019
その教科書は旧いインテリア書籍など。そこからインスピレーションを受けて理想の居住空間をこつこつと作っていった。そのためにはヨーロッパ諸国も行ったし、コレクターとコンタクトを取ったり、さらにはローカルのフリーマーケットにも足を運んだという。いわゆる自分の「好き」を追い求め、足で稼いだ結果がこの空間を作り出したのだ。

ファニチャーに重きを置いて、過度には飾らない

018
オランダのデザイナー、シーズ・ブラークマンのデザインした木製のキャビネットは1945~1965年まで製造されていたもの。巨大だが圧迫感のないデザイン。棚の上にはアンティークのポッタリー(陶器)を中心にディスプレイ。あえて大量に並べず、さらりと並べるところにセンスの良さを感じる。
017
ダイニングルームにもヴィンテージが。ダイニングチェアはアフラ&トビア・スカルパがデザインしたカッシーナのプロダクツ。当然イタリア製で、さすがレベルが高い。
015
2ベッドルーム、1ベッドルームに奥さんのアリーシャと2人暮らし。アメリカでは典型的なスタイル。奥さんも旦那のファニチャー選びに理解がある。ベッドルームも白を基調に木製家具だけで構成。木製のベッドフレームはDIYだというから驚き。お気に入りのファニチャーが無ければ自分で作るという。
014
ベッドルームにも大好きなチェアを置く。奥にあるのは作者不明のフレンチ・ヴィンテージ。手前にあるのはシャルロット・ペリアンのデザインした有名なスツールだ。

欧米の存在感のあるヴィンテージファニチャーが好きなことから、内装は手を加えることなく極めてシンプルに、あえてハコよりもファニチャーを主役に空間を演出するというスタイルは、シンプルすぎないセンスのいい空間を生み出している。

【DATA】
エリア:ハイランドパーク・ロサンジェルス
敷地面積:約90平方メートル
間取り:2ベッドルーム、1バスルーム
築年数:約50年

(出典:『LIGHTNING 2018年12月号 Vol.296』)
(ライター:千葉泰江)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load