ブーツとパンツの相性を徹底検証。迷っているならまずエンジニアブーツを買え!

ファッションの真髄は「組み合わせ」にあるといっても過言ではない。いくらかっこいいアウターを買っても、パンツとの組み合わせが間違っていたら、魅力は半減どころか、マイナスだ。そこで、冬のファッションの重要ファクターであるブーツを例に、どのタイプのパンツと相性がいいのか検証してみよう。

アメカジ界の王道「エンジニアブーツ」を履きこなせ!

20181207_3_01

今回は、男らしいシルエットで人気の「エンジニアブーツ」と5種類のパンツで相性を診断。エンジニアブーツは飛行機や列車のエンジニア、つまり整備工が作業で履くために作られたブーツだが、いまやファッションブーツとしての市民権を得た。ここでは、合わせやすいシャープなモデルを使ってみる。

「ストレートデニム」との相性は◎

20181207_3_02

もともとレイルローダーたちの足下を守っていたエンジニアブーツなだけに、デニムとの相性は完璧! これで似合わないとしたら、エンジニアブーツは諦めた方がいい。

「ミリタリーパンツ」との相性は〇

20181207_3_03

ミリタリーパンツは裾幅が広いので、バランスは良い。裾をブーツに引っ掛ける「ハングロール」にすることで一段上の履きこなしに。

「ダックパンツ」との相性は◎

20181207_3_04

ワークパンツの代表であるダックパンツは、ボリュームのあるブーツがハマる。つまり、エンジニアブーツとの相性は抜群だ!

「チノパン」との相性は〇

20181207_3_05

アメリカンカジュアルにおいて比較的キレイ目なパンツに分類されるチノパン。アイビーやプレッピーに代表されるタイプではなくミリタリーチノを選べばナイスな組み合わせに。

「ヒッコリーパンツ」との相性は◎

20181207_3_06

汚れが目立ちにくくワークテイストがかなり強いヒッコリーパンツと、本物のワーカーたちが愛したエンジニアブーツとの組み合わせはテッパンといえる。

エンジニアブーツを選んでおけば間違いなし!

エンジニアブーツは、とにかくアメカジとの相性は抜群なので、いろいろなパンツと合わせてみるのが◎。慣れてきたら、裾をロールアップしたりして、よりカッコよく履きこなして、ブーツスタイルをどんどん楽しもう!

(出典:『別冊Lightning Vol.190 ブーツの教科書』
(K)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load