定番迷彩だからこそ活用したい! 今冬はウッドランド迷彩に最注目!

ミリタリー由来のヘビーデューティギアを探すと、必ず見つかるのが迷彩モノ。その中でも定番といえるのが、’81年に米軍が採用したウッドランド迷彩。「ザ・ミリタリー」を地で行くこの存在感は、改めて見るとカッコいい。

数多くの“柄”が存在するが、世の中で迷彩柄ほど受け入れられている柄はない。有名なデザイナーが生み出したわけでもなく、いわばアノニマスデザインともいえる迷彩柄は、リアルなミリタリーシーンだけでなく、ファッションの世界で多く使われている存在だ。

その迷彩柄の中でも一般的によく知られ、軍装品だけでなく、民間品の様々なプロダクツの柄にも使われているのが、1981年から2006年までアメリカ全軍が採用していたM81迷彩、別名ウッドランド迷彩である。その迷彩模様のルーツは、ERDL(米陸軍技術研究開発試験所)が開発し、’67年初頭に米軍が採用しERDL迷彩にある。そのパターンを拡大し模様の境界線を不規則に改めて、ハイコントラストの4色(サンド、ブラウン、グリーン、ブラック)で構成されたのがウッドランド迷彩なのだ。

そのウッドランド迷彩を使ったヘビーデューティギアでもっともメジャーなプロダクツといえば、やはりECWCS(拡張式寒冷地被服システム)の第一世代として開発されたコールドウェザーパーカー、通称ゴアテックスパーカであろう。防風・防水性に優れ、ファッションからモーターサイクルシーンまで幅広く着こなせるアイテムだ。

ファッションから野外活動まで、実用度ナンバーワン!

037
ECWCS Gen.1
GORE-TEX® PARKA

M-65フィールドジャケットの後継モデルとして、’80年代に米軍が採用したゴアテックスパーカー。その第一世代のモデルは大振りなフードと、ナイロンライニングを装備。特にナイロンライニングがあることで、ゴアテックスシーム部分が擦れにくくダメージが及びにくい構造となる。

その最大の特徴はゴアテックスファブリックならではの「完全防水なのに蒸れない」こと。まさにシーンを選ばず使えるヘビーデューティギアなのだ。2万3544円(US 三軒茶屋 TEL03-57797908)

バイク乗りは必須! セットアップで着こなせば、全天候に対応できる優れモノ

036
ECWCS Gen.1 GORE-TEX® PANTS

ゴアテックスパーカーとセットで入手しておきたいのが、米軍で支給されていたゴアテックスパンツ。両サイドに裾からウエストまでオープンにできるジッパーを装備しているため脱ぎ履きしやすい。6264円(セカンドブーム TEL03-3462-1721)

状態の良いものが枯渇してきている現状を踏まえると、早々に手に入れておきたい。

(出典:『Lightning 2019年2月号 Vol.298』)
(ライター:千葉泰江)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

Lightning TOPへ

No more pages to load