細部に職人技が宿るステュディオ・ダ・ルチザンの40周年プロダクツの全容

日本国内でこだわりのデニムを作り続けるステュディオ・ダ・ルチザン。2019年に創業40周年を迎え、それを記念した新しい「ヘリテージ」シリーズを展開することとなった。そのこだわりのアプローチは職人工房の名に恥じない確かなプロダクツとなっている。

20世紀初頭に展開されていたデニムプロダクツがモチーフ

旧式の力織機による昔ながらの製法で、ヴィンテージデニムのように一本一本違った風合いを持つデニムプロダクツで知られる、ステュディオ・ダ・ルチザン。それは細部に至るまで、自らの仕事に一切の妥協を許さない熟練の職人たちの手仕事によるもの。そんな世界に誇る現在のジャパンデニム・カルチャーの礎を築いたブランドが、2019年に設立40周年を迎える。

20180215_3_01

そのアニバーサリーイヤーに相応しいデニムプロダクツは新たなゾーンへ突入。40周年を記念して始動した新しいプロダクツライン「ヘリテージ」シリーズは、1900年から’20年代の20世紀初頭に展開されていたデニムプロダクツがモチーフになっている。

’20年代に“ダンガリーズ”と呼ばれたビブオーバーオールをモーフにしたジーンズや、ワークウエアとしての側面が強かったワンポケットのデニムブラウス、ドレス要素の強いバンドカラーシャツの3種類のプロダクツをリリース。それぞれの素材にはジンバブエコットンのデニム生地を採用。どのモデルも「ヘリテージ」の名に恥じない、旧きよき時代のディテールが詰まっている。

’20年代のワークウエアの意匠を落とし込む「40thヘリテージジーンズ」

20180215_3_02

ダンガリーズと呼ばれたビブオーバーオールを基に、ビブ(胸当て)をカットして作られたジーンズを意識。ベルト帯を省いた意匠で、股上が深く、ヒップにゆとりを持たせた。
価格:W27~34、36/2万7864円、W38、40/3万24円

1900年代初頭のワークブラウスの名残を感じる「40thヘリテージデニムジャケット」

20180215_3_03

1900年代初頭の通称1stタイプと呼ばれるデニムブラウスを基にデザイン。13オンスのジンバブエコットン100%の耳付きデニム生地を採用。運針を細かく設定し、縫製カラーにベージュを使うことでアンティーク感を出しつつ、現代的シルエットに落とし込み、洗練された印象を持たせた。
価格:3万24円

小振りなバンドカラーがクラシックな印象に「40thヘリテージシャツ」

20180215_3_04

20世紀初頭のバンドカラーシャツがモチーフ。小振りな襟が特徴でクラシックな印象を演出する。また裾周りはタックインを考慮したカッティングを採用。6.5オンスのジンバブエデニムに、ストーンバイオウォッシュ加工を施し、柔らかい素材感と着込んで痩せたデニムの風合いを再現。
価格:1万9224円

【DATA】
問い合わせ:ステュディオ・ダ・ルチザン・インターナショナル
TEL:06-6536-6328
http://www.dartisan.co.jp

(出典:『Lightning 2019年3月号 Vol.299』
(ライター:千葉泰江)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load