BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

’90年代のアメリカ製リーバイス®で再構築した、「オーベルジュ」の新感覚ジーンズ。

昔、買ったヴィンテージデニムが、今ではサイズ的に穿けなくなってタンスの肥やしになってしまっているなんて人もけっこういるのでは? そんなデニムを蘇らせてくれてカスタムオーダーが注目を集めている。

本来のジーンズの意匠やエイジングしたデニムの雰囲気は残しつつ、新たなシルエットやサイズ感のプロダクツとして再生させているのが、オーベルジュの小林学さん。穿けなくなってしまったデニムが現代的なシルエットで蘇る。そんな夢のようなカスタムオーダーが実現するのだ!

穿けなくなったジーンズをカスタムして蘇らせる「 AUBERGE(オーベルジュ)」小林学さん。

20190215_5_01

ヴィンテージとモードを深く理解し、独自のスタンスでコレクションを展開する「SlowGun(スロウガン)」の小林さん。昨年には別レーベルである「AUBERGE(オーベルジュ)」をスタートさせた。そんな小林さんが直営店であるホワイトのみで展開しているのが、ヴィンテージデニムを使ったカスタムオーダーである。

20190215_5_02

「10代からヴィンテージが大好きで、今もいいものがあれば、買っています。ただし、サイズ的に穿けなくなってしまったというケースも多いと思うんです。このプロジェクトは、そんな穿けなくなったジーンズをカスタムすることでもう一度蘇らせようというのがコンセプトです。

個人的に面白いと思っているものが、’90年代にリーバイス®のバレンシア工場で作られていたリプロダクトデニム。つまり復刻モデルです。生機のデニムでよいエイジングしてますし、かなり縮んでいるので、少し手を加えるだけでグッと見た目が変わります。腰帯まで分解してから縫製しますので、前後を違うモデルで切り替えられるんですよ」

後でトーンを変えてバギーシルエットに!【WIDE-TYPE】

20190215_5_03 20190215_5_04

501はセルビッジを配しているためアウトシームを触れず、独特な窮屈感があるのでそれ らを解消したカスタム。ウエストベルトの下にマチを入れ、腰周りにゆとりを持たせてインシームに生地を足し、今の気分に合わせたワイドシルエットに変更した。3万7800円

深い股上を活かした自然なブーツカット仕様!【BOOTS CUT-TYPE】

20190215_5_05 20190215_5_06

バレンシア製の501がベース。ウエストベルト脇にマチを入れ、ジャストサイズでも腰周りの窮屈感を解消。深い股上でも動きやすいように股にもガゼットをプラス。本来は太めのストレートシルエットだが、トレンドの兆しがあるブーツカットに変更。3万7800円

【問い合わせ】
ホワイト代官山
TEL03-3770-5931
http://www.slowgun.jp

伊勢丹メンズ館7Fにて2019年3月に期間限定で開催されるリーバイス®クリエーションにオーベルジュも参加! ※終了※

20190215_5_07

伊勢丹新宿店メンズ館7階で2019年3月6日~3月19日まで『リーバイス®クリエーション』が開催される。リーバイスが自社でリペアしたAUTHORIZED VINTAGEをベースに、オーベルジュ、エンジニアドガーメンツ、モヒートの3ブランドがそれぞれの解釈で再構築したスペシャルなアイテムが並ぶ。小林さんに直接オーダーできるまたとない機会なのでお見逃しなく!

【問い合わせ】
伊勢丹新宿店
TEL03-3352-1111(大代表)

(出典/「Lightning 2019年3月号 Vol.299

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load