BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

デッドストックを中心とした、原宿の日本屈指の老舗ヴィンテージ店「バナナボート」。

PAGE
2 / 2

グッドサイズのデッドストックがまだまだショップに並んでいる。

【1960s Lee 101Z】

20190312_3_04

通称サイド黒と呼ばれる名作カウボーイデニム101Zのデッドストック。タグのデザインやピスネームから1960年代中期だと判断できる。36万5040円。

【1970s リーバイス 501 66シングル】

20190312_3_05

バックポケット上の縫製がシングルステッチとなった66の前期モデルのデッドストック。股上が深く、ほどよい細さのストレート。32×32。27万640円。

【1960s リーバイス 501E】

20190312_3_06

501XXの次モデルである501Eのタイプものもデッドストックで扱っている。こちらはAタイプ。34×32のゴールデンサイズである。42万9840円。

【1960s リーバイス 502E】

20190312_3_07

滅多に市場に出てくることがない501のジッパーフライモデルである502Eのデッドストック。33×32というグッドサイズである。35万4240円。

【1960s リーバイス 505E】

20190312_3_08

股上が深く、テーパードの効いたファッションデニムである505Eのデッドストック。防縮加工を施したプリシュリンクデニムを使用。31万1040円。

【1970s リーバイス 70505E】

20190312_3_09

ビッグEの赤タブが付いた70505のデッドストック。近年はサードの後継である当モデルもかなり値上がりしているので、状態のいいものは買っておきたい。8万6184円。

【1950s リーバイス ウエスタンシャツ】

20190312_3_10

通称ショートホーンと呼ばれる1950年代のタグが付いたウエスタンシャツは、かなりコンディションがいい。人気の高いノコギリ型の胸ポケットもポイント。6万4584円。

【1950s~’60s ディアクリーク オープンカラーシャツ】

20190312_3_11

希少なプリントネルを使ったオープンカラーシャツはどちらもデッドストック。ともにハワイアンシャツなどでも見かけるディアクリークというシャツブランド。タグのデザインや襟の形状が異なり、右が1960s、左が1950sだろう。右3万5424円、左3万8664円。

【DATA】
バナナボート
東京都渋谷区神宮前4-28-17
TEL:03-3401-0303
11時~20時 無休

▼あなたの街のアメカジショップもチェック!

日本全国のおすすめアメカジショップ案内。【保存版】

日本全国のおすすめアメカジショップ案内。【保存版】

2019年12月06日

(出典/「Lightning 2019年4月号

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load