編集部購入録「コードが絡まないニクイやつ」【めぐミルク】

水筒に熱いお茶を淹れて会社に持って行くことにすっかり慣れたときのこと。その日も朝からお茶を淹れ、意気揚々と水筒をバッグに入れて打ち合わせに出かけた。移動中もちょいちょいお茶を飲み、再び水筒をバッグに仕舞ったら、なんだか膝の上に置いたバッグが温かい。

「ん?」と思い、バッグの中を見ると、茶色い液体の中に、お財布やら文庫本やらが浸っている。え?(なに?)え!?(嘘でしょ!?)えーーー!(マジかーーー!)

閉めたはずの水筒の蓋がちょっとズレていて、そこからお茶がこぼれた、というのが現場検証の結果。誰にも当たり散らすこともできず、ただただミスをした自分にがっかりしながら、とりあえずバッグの中身を取り出す作業。ずぶ濡れになった荷物をチェックしていたらiPhoneの携帯用充電器を発見。当然、電源入らず。大好物のお茶が、大切な充電器を天国へと連れて行ってしまった。

凹んでいても仕方がないので、新しい携帯用充電器の捜索開始! ネットという捜査網のなかで、確保したのが『NuAns(ニュアンス)』のLightningケーブルが一体化した薄型モバイルバッテリーだった。

写真は木製のテナージュシリーズのダークブラウン(7560円)。スエードを採用したウルトラスエードもラインナップ(6696円)。充電用のmicro-USBが付属。本体フル充電まで約4時間。iPhoneの充電なら約2回分の充電容量がある。(ニュアンス http://nuans.jp)

iPhoneと同形なので、重ねて持ってiPhoneを操作できるのがいい。しかも煩わしいコードがないから、スッキリ・スマート・快適と気分的にリズミカルに使えるのもいいじゃない。

これからも水筒を持ち歩きたい。でも自分はまったく信用できない。ならば道具に頼ろうということで、現在ウォータープルーフのポーチを捜査網にかけてます。

充電器と一体化したLightningケーブル。使わないときはメインの写真のように収納することが可能だ。使っているときも使わないときもスマート。
右のボタンを押すと充電開始。充電中はLEDインジケーターが点灯し、電池残量が一目でわかる仕組み。充電器本体の充電のときも点灯する。
W67×H154×D14.7㎜とiPhoneよりやや小型。薄いので重ねて持って、充電しながら操作ができる。欲をいえば、充電器にiPhoneを固定できればなお良し。

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典:『Lightning 2019年7月号』)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning編集部

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

Lightning TOPへ

No more pages to load