【限定50個】グレゴリー別注の”燃えにくい”防災バッグが超イケてる

限定50個先着販売 18,000円(税抜き)

2019年8月26日(月)12:00より販売開始

いつ起こるか分からない災害への備えを考えるライトニングの連載企画「そろそろ防災のこと、考えてみませんか?」から派生したオリジナル防災バッグが完成した! 

この企画に賛同し、協力してくれたのは、ご存知アメリカを代表するバックパックブランドのグレゴリーだ。40年を越える長い間、アウトドアという危険と隣合わせのフィールドにて培ってきたグレゴリーの経験やアイデアを、防災という観点から盛り込んだ。

グレゴリーとしては初めて、素材を燃えにくくする難燃加工を施したコーデュラナイロンをボディに使用した特別な仕様。さらにキーカラーとなる発色のいいオレンジテープは、フライトジャケット「MA-1」の裏地のカラーであるレスキューオレンジをヒントに採用。他にも防災バッグならではスペックを盛り込んだ、ライトニングコラボだからこそ実現したスペシャルプロダクトなのだ。

グレゴリーとして初めて”難燃加工素材”を採用!

防災バッグとしての最も画期的なポイントは、グレゴリーの40年を超える歴史の中でも初めて、燃えにく難燃加工を施した素材「難燃加工420デニールコーデュラナイロン」を採用していること。今回のためにいちから立案された素材であり、今後もあるかどうかわからない貴重なもの。

難燃素材のテストリポートと一緒に届いた素材サンプル。
早速ですが、サンプルを火にあててみた。

20秒ほどそのまま火にあててみた結果がこちら。一部が炭化しているが、素材に火が燃え移り一気に広がるような、通常のナイロン素材に見られる変化とは異なる結果に。公式のリポートによると、このまま火に当て続けると穴はあくそうだが、すぐさま燃え広がるナイロンの耐火性能に比べるとは雲泥の差。

注意したいのは、あくまでも”燃えにくい”のであって燃えないワケではない。避難時には、火元に十分注意しながら、迅速な避難を心掛けたい。

防災バッグならではのディテール満載!

グレゴリー本来の信頼度に加えて、「防災」というキーワードに合わせて取り入れたディテールをそれぞれ解説してみたい。

スピーディな開閉のためのフラップ式

バッグの内容物の出し入れがしやすいように、フラップ式を採用。内容量が多少オーバーしても無理やり詰め込めるなど、使い勝手が考慮されている。

夜間避難のためにレフレクターも完備!

ボディのボトム部には、大きなサイズのリフレクターが付いている。夜間にはクルマのライトなどに反応して発光してくれる。またショルダーハーネスのストラップの先にもリフレクターが付く。

いざというときのための山岳用ホイッスル

胸の前にあるストラップにはホイッスルが付いている。グレゴリーの山岳用モデルに採用されている本格的な仕様のもので、緊急事態を広く回りに伝えることができる

レインカバー付属なので雨の日にだって対応

天候不順からの災害が本当に多い。グレゴリーのザックカバーがセットになっているので、バッグの内容物を濡れないように守ってくれる

コラボならではのスペシャルディテールも

もちろん別注アイテムとしてのスペシャルディテールも満載だ!グレゴリーのタグもMA-1フライトジャケットの裏地であるレスキューオレンジをモチーフにオレンジのスペシャルタグを制作!

コラボの証であるライトニングロゴもボディサイドにしっかりセットされている。

Gregory×Lightningのエマージェンシーバッグ
サイズ W27×H51×D19cm
重さ 565g
容量 22L
素材 420デニールコーデュラナイロン(難燃加工)


限定50個先着販売 18,000円(税抜き)

アメリカンな防災ツールとのセット「Lightningの防災セット」も同時発売!

上で紹介したグレゴリー×ライトニングのエマージェンシーバッグに、ライトニングが厳選したアメリカンな防災ツールを詰めた防災セットも同時発売。こちらもチェックしてみてほしい。

グレゴリーにアメリカンなギアを詰め込んだ防災セットが完成!

グレゴリーにアメリカンなギアを詰め込んだ防災セットが完成!

2019年08月14日

災害はいつ起こるかわからない。いざというときのための備えを改めて考えなおしてみてほしい。

2019年8月26日(月)12:00より販売開始

 

 

SHARE

PROFILE

ゲンキ

FUNQ編集部

ゲンキ

新元号とともにファッション誌『2nd』編集部より、『FUNQ』に電撃移籍してきた新米Webクリエイターなのにディレクター。アイコニックな眼鏡は、買ったばかりのブルーライトカット仕様だ。

新元号とともにファッション誌『2nd』編集部より、『FUNQ』に電撃移籍してきた新米Webクリエイターなのにディレクター。アイコニックな眼鏡は、買ったばかりのブルーライトカット仕様だ。

Lightning TOPへ

No more pages to load