【フルカウントの傑作ジーンズ】ブームの立役者が作り続ける理想

ヴィンテージデニムの価値が急激に上がった’90年代前半。その時代にヴィンテージデニムと同様の製法で、オリジナルの復刻デニムを登場させ、デニムブームを牽引した存在がフルカウント。その軌跡は今もなお、色褪せることはない。

No.0105
1953 MODEL

 

フルカウントを代表する定番生地、13.7 オンスジンバブエコットンデニムを初めて採用した、一つの記念碑的モデル。腰回りやレッグは太く、ゆったりとしたラインだが、若干のテーパードが武骨でありながら、だらしなくならない、絶妙なバランスに仕上げている。

セルビッジやリベット、ボタンフライ、レザーパッチにタブ、縫製糸、そしてバックポケットのステッチにいたるまで、王道のヴィンテージジーンズのスタイルを踏襲している。

【DATA】
ウエストサイズ:W27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,38,40
デニムオンス:13.7オンス&15.5オンス
シルエット:ワイドストレート
ウォッシュ:ノンウォッシュ&ワンウォッシュ ※画像は色落ちサンプル
プライス:2万4624円

No.1101
MIDDLE STRAIGHT

 

フルカウントが初めて創り上げたジーンズがこのNo.1101。適度なゆとりがある腰回りから裾迄テーパードしたシルエットはオーセンティックなスラックスのように上品な大人のジーンズ。テーラードジャケットでも、ヴィンテージスウェットでも、品良くまとめてくれる。

【DATA】
ウエストサイズ:W27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,38,40
デニムオンス:13.7オンス&15.5オンス
シルエット:テーパード
ウォッシュ:ノンウォッシュ&ワンウォッシュ ※画像は色落ちサンプル
プライス:2万4624円

No.1108
STRAIGHT LEGS

 

やや細身のベーシックなストレートで癖がないシルエットが最も人気のNo.1108。腰回りをすっきりとさせた適度なフィット感が、クッキリとしたヒゲ落ちを生み出す。また、ジンバブエコットンをフルカウント独自の技術で織り上げた生地はストレスフリーな穿き心地。

【DATA】
ウエストサイズ:W27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,38,40
デニムオンス:13.7オンス&15.5オンス
シルエット:スリムストレート
ウォッシュ:ノンウォッシュ&ワンウォッシュ ※画像は色落ちサンプル
プライス:2万4624円

No.1109
NARROW STRAIGHT

 

フルカウントの定番ジーンズ5モデルの中で、最も細身のストレートとなるNo.1109。腿から膝にかけてテーパードし、裾に向かって真っ直ぐ落ちるライン。腿回りはフィットし、脛回りは適度にゆとりがあるので、スキニーの様ながんばった印象にはならない。

【DATA】
ウエストサイズ:W27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,38,40
デニムオンス:13.7オンス&15.5オンス
シルエット:タイトストレート
ウォッシュ:ノンウォッシュ&ワンウォッシュ ※画像は色落ちサンプル
プライス:2万4624円

No.1110
TAPERED MIDDLE STRAIGHT

 

現在最も新しい定番シルエットのNo.1110。股上や腰回りはゆとりをもたせ、腿から裾に向かい一気にテーパードを効かせた現代的なシルエット。腰から腿迄のゆとりにより快適な穿き心地ながら、テーパードによりすっきりとした印象を実現。

【DATA】
ウエストサイズ:W27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,38,40
デニムオンス:13.7オンス&15.5オンス
シルエット:テーパード
ウォッシュ:ノンウォッシュ&ワンウォッシュ ※画像は色落ちサンプル
プライス:2万4624円

No.1108R
1108 ROUGH

 

2018年秋冬のラインナップの中で、世界500本限定アイテムとして登場した最新モデルであるNo.1108R。新しい試みとして経緯共に6.7番手の激しいムラ糸を使い、ローテンションでゆっくりと織りあげた特別なデニム生地を使い、より激しいヒゲと縦落ち(点落ち)を実現させた。

【DATA】
ウエストサイズ:W27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,38,40
デニムオンス:13.6オンス
シルエット:スリムストレート
ウォッシュ:ノンウォッシュ&ワンウォッシュ
プライス:2万4624円

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
http://www.fullcount.co.jp

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load