編集部購入録「机上の荒馬。こりゃよくできてる。」【ラーメン小池】

若いころからアメリカ車が好き。多くのアメリカ映画に出てくるカーチェイスのおかげか、はたまたアメリカ製V8エンジンのゆるーくも力強いフィーリングなのか、とにかく若い頃からアメリカ車ばかり所有してきた私。今でも旧いアメリカ車に乗っているけど、乗りたいクルマはまだまだたくさんある。

そんななかでももっと歳を取ったら乗ってみたいなと常に思っているのがファーストマスタング。そう、フォード・マスタングの初代モデルである。アメリカ車にしてはずいぶんと大人っぽいスタイリングと、当時のヨーロッパ車にも通じるインテリアにして、しっかり凶暴なエンジンを搭載しているところが実に大人っぽい。若い頃では逆に似合わないクルマのひとつだと思っている。

レゴⓇの10265 Creator Expert フォード・マスタング

ボディにGTラインの入ったホットな外観。細部までよくぞブロックで再現してくれたと感心しちゃう。ステアリングを切れば前輪が連動するなど、その作りに感動。オープン価格(レゴ®コンシューマーサービス LEGOjapan-cs@lego.com)

そんな「いつかは」という思いを加速させるモデルがレゴ®から発売されている。これは初代マスタングのなかでも1967年式のGTモデル、しかも個人的には大好きなファストバック仕様で、その出来がすごい。このクルマのことを愛していなければできないと思わせる徹底的な完成度が説明書を見てせっせと作りながら実感できるのだ。まさに大人のためのレゴ®なのである。いい歳こいて夜な夜なブロックを組み立てるという行為も悪くない、と思わせてくれる1台なのだ。

パーツ点数は驚愕の1471ピース。でもボックスを開けてみると、作る段階によって使うパーツが小分けにされているという親切さにも感動。ユーザーフレンドリーだね
エンジンルームは作っている段階ですでにわくわくする高い再現度。プラグコードやエアクリーナーのステッカーも効いている。GTモデルなので、エンジンは390V8だ
説明書にはマスタングの歴史を勉強できるページもあるので、資料としても優秀。ただし英語表記ではあるが……。さらにページの各所に実車の豆知識も掲載される

LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. ©2019 The LEGO Group. Ford Trademarks and Trade Dress used under license to the LEGO group of companies.

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典:『Lightning 2019年8月号』)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load