ウエアハウスのグリーンが、あの頃の憧れを思い出させる……

人の心は移ろい易しとは、よく言ったもので、昨年までは無地のTシャツばかり着ていたのに、今年になってからはプリントTを買い漁っている。でもって、靴も似たような状況になっていて、昨年まではスニーカーやブーツは黒ばかりで、サンダルすらも黒。いま思うと自分でも思考停止しているのかな? と思うぐらい黒をチョイスしていた(笑)。しかし最近は久々に赤や黄色など鮮やかな色が欲しい気分。そう思わせるキッカケとなったのが、鮮やかなグリーンのスニーカーだった。

Warehouse&Co.のLot.3401 HI CUT SUEDE SNEAKER

グリーンのスニーカーには色落ちしたデニムがベストマッチ。秋になったらチノパンと合わせてもよさそうだ。1万7820円(ウエアハウス東京店 http://www.ware-house.co.jp)

ウエアハウスの新作としてリリースされたこのスニーカーは、定番としてラインナップされ、絶大な人気誇るLot.3400のハイカット版。ローカットでも感じたけど、このハイカットを見ていると、なんだか’90年代の古着店のガラスケースに置かれていた、ちょっと高嶺の花のスニーカーを思い出す。そんなノスタルジックな気持ちになれる色とカタチが、今となってはすごく新鮮に感じる。

厚いソールや毛羽だったスウェードの質感、細身の木型……と、お気に入りポイントを挙げればキリがない。この夏は、色落ちしたジーンズにこいつを合わせて、青春時代を思い出しながら履くつもりだ。

ソールは生ゴムのソールを採用している。クッション性高く、グリップ力も抜群なので、疲れにくいのが嬉しい
フォクシングと呼ばれる側面のラバーテープに厚みがあるのがクラシカルな印象。ハトメで打ち抜かれているのも◎
いまやお約束のコットンシューレースももちろん採用。やや甘めに編まれた風合いがヴィンテージ感たっぷり

カラバリはグリーンの他に3色展開している。レッドやブルーもまさに今年の気分にぴったりだが、ブラックの格好良さも気になる存在。でも私はグリーン推し!!

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典:『Lightning 2019年8月号』)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning編集部

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

Lightning TOPへ

No more pages to load