【ジェラードの傑作ジーンズ】40、50、60年代のモデルをオリジナル生地でモディファイ

ヴィンテージプロダクツが誕生した特定の時代を設定し、コンセプトに合わせたデニムを揃えるJELADO。40sから50s、60sモデル、各時代の生産背景を意識しながらも、独自の解釈でブラッシュアップした珠玉の3モデル。
そんなジェラードの傑作ジーンズを紹介する。

44 DENIM

第二次大戦中の1944 年製デニムをイメージしたモデル。縦糸に米綿、横糸にジンバブエコットンを使用することでハッキリとした縦落ちとしなやかな穿き心地を両立。シンプルなディテールと、コーディネイトを選ばない太すぎず細すぎずな程よいシルエットが魅力。

リベットを排除したコインポケットは物資統制下での生産背景を踏まえたディテールだ。

ボタンフライはサビ加工を施した月桂樹ボタンを使用。

オリーブのヘリンボーンのスレーキも大戦モデルをイメージ。

革パッチにはモデル名の44 が刻印される。

【DATA】
ウエストサイズ:W28,29,30,31,32,33,34,36,38,39,40
デニムオンス:14オンス
シルエット:リラックスストレート
ウォッシュ:リジッド/ワンウォッシュ
プライス:2万3760円

55 DENIM

1950年代特有の股上深めのワイドシルエットで製作したモデル。501XXの質感をイメージした生地に加え、縫製は10番手と20番手の綿糸を使用するなど、こだわりのディテールが抜群のエイジングを実現。2万1384円

66 DENIM

縫製や仕様はʼ60 年代のスタイルだが、深めの股上や緩やかなテーパードに仕上げたJELADO流の66モデル。ロープ染色で仕上げた米綿の強撚糸を旧力織機で織り上げた生地がメリハリの強い色落ちを生む。2万2680円

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
http://www.jelado.

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load