【パイクブラザーズの傑作ジーンズ】ドイツ発の質実剛健なクラフツマンシップに溢れる

質実剛健な作りとヨーロッパならではのセンスで人気を博す、ドイツ発の本格ワークブランド。効率よりも精度にこだわり、1着のデニムを1人の職人がミシンで丁寧に作り上げている。
そんなパイクブラザーズの傑作ジーンズを紹介する。

1936 CHOPPER PANTS
11oz METAL

旧きよきディテールを、ヨーロッパのセンスで再構築するのがパイクブラザーズの真骨頂。すっきりしたシルエットながらテーパーしない裾幅のある男らしいデザイン。’30年代のウッドワーカー用パンツをベースにし、右サイドにはルーラーポケットも装備される。

背面にはシンチバックが付き、クラシカルな雰囲気を演出。

素材は11オンスセルビッチデニムを使用し、特有の経年変化を楽しめる。

フロントのベルトループにはDカンが装備され、ウォレットチェーンを装着したりと機能性も高い。

フロントにはロゴが刻印されたオリジナルボタンを使用。

【DATA】
ウエストサイズ:W29,30,31,32,33,34,36,38,40,42,44
デニムオンス:11オンス
シルエット:ワイドストレート
ウォッシュ:リジッド
プライス:3万1212円

1937
ROAMER PANT
14oz Blue Black

1930年代の5ポケットデニムを、パイクブラザーズならではの視点で再現。クラシカルながら野暮ったさを排したシャープなデザインが特徴的だ。ブルーブラックの名称通り、黒に近いインディゴカラーで、独特のエイジングが楽しめる通好みの1本に仕上がっている。3万1212円

1963
ROAMER PANT
11oz METAL

ファッションアイテムとしてスタイリッシュさを意識して作られるようになった1960年代の5ポケットデニムがデザインモチーフ。ローライズですっきりしたテーパードスリムで美しいシルエットが特徴だ。素材はサンフォライズ加工された11オンスデニムを採用。2万8944円

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
http://www.mushmans.com

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load