【ジャパンブルージーンズの傑作ジーンズ】現代的なシルエットとヴィンテージの味わい

国産ジーンズの聖地・岡山県倉敷市児島から世界へジャパンクオリティのジーンズを発信するべく2011年に誕生。こだわりのオリジナルデニム生地を使い現代に合うシルエットでヴィンテージの良さを融合させたモノ作りは欧米でも評価が高い。
そんなジャパンブルージーンズの傑作ジーンズを紹介する。

JB6104JZ

12.5 オンスの生地で1900 年代初頭の合成インディゴが発明された頃の「昔ながらの青」を再現。クラシカルな5ポケットなどヴィンテージの仕様を採用する一方、ゆとりある股上や膝からテーパードを効かせるなど現代的なスタイルも併せ持つハイブリッドモデル。

フロントはジッパー仕様。穿きやすさを重視したゆとりある股上設計。

ポケットの布地はブランドロゴをあしらったコットン生地。

セルビッジデニムを使用するほか、インシームの青いステッチが特徴的。

経年変化が楽しみなヌメ革のレザーパッチ。

【DATA】
ウエストサイズ:W28,29,30,31,32,33,34,36,38
デニムオンス:12.5オンス
シルエット:スリムテーパード
ウォッシュ:ワンウォッシュ
プライス:1万1880円

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
https://www.japanbluejeans.com

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load