10分間で簡単にできる! 革ジャンエイジング講座。

当たり前のことだが、革ジャンも最初は皺ひとつない「ウブな状態」の新品。これから着込んで革を育てていくとはいえ、やっぱり新品は気恥ずかしい…。そんな人は、初めて外に出る前に、ちょっとした強制エイジングを施すのもアリ。ここで紹介する方法は、もはや我々その道の人間の間では有名な「革ジャン体操」と、軽く水で濡らす方法だ。

とても簡単なので、“強制エイジング初心者”の方にもおすすめなので、トライしてみてほしい。早速、やってみよう。

今回使用したのは、ファインクリークレザーズの「レオン・ザ・ノースター」。渋鞣しの馬革に、水性染料仕上げを施したレオンの革は、比較的変化しやすく、着込んだ分だけちゃんと応えてくれる。この馬革は非常に水を吸いやすいため、軽く霧吹きで水をかけるだけで、自分の身体に合った皺を刻んでくれる。(15万9840円)

簡易強制エイジングを実演するのは、革愛好家・モヒカン小川。これまで数十着の革ジャンをゼロから育ててきた経験から、独自の「強制エイジング」メソッドを日々開発中。

1.前屈の儀

いまや革ジャン愛好家の間では常識となった「前屈の儀」。フロントを閉め、革ジャンにテンションをかけながら皺を入れていく。全身を研ぎ澄まして、革の声を聞け。

2.コークスクリュー

腕に皺を入れるための儀式。袖を持ち、腕を捻じるようにして革を手懐ける「コークスクリュー」。この状態をキープして腰を捻じる応用技も効果的。自分の技を編み出せ。

3.蛇原、登場

前屈の儀、そしてコークスクリューを終えた後のアームには、ユーハイムのバウムクーヘンのような美しい蛇腹がすでに出現。これだからエイジング体操は止められません。

4.水分補給

アームの蛇腹を、よりくっきりさせるために、霧吹きで水を吹きかけ、もう一度「前屈の儀」&「コークスクリュー」でとどめを刺す。水のかけ過ぎには注意しよう。

5.クセ付け

次に、クセを付けたい場所に霧吹きで水を吹きかけ、手で揉みながらクセを付けていく。ポケットフラップや袖口など、エッジ部分にクセを付けると、こなれ感が出るぞ。

6.神は細部に宿る

ポケットの縁などは、綿棒に水を付けて濡らして揉むことで、パッカリングが現れる。細かい個所だが、こうした小さい皺の積み重ねが、全体の雰囲気を左右するのだ。

6.10分間のエイジング完了

こうして出来上がったのがこちら。所要時間はたったの10分。10分前と比べて、ちょっとこなれた感じが出ているのがわかる。しかし、この簡易強制エイジングは、あくまで筆おろしするための儀式であって、やり過ぎは禁物。ここからは、アナタが日々調教して、自分色に染め上げていかなければならない。

(出典:『やりこみノート 革ジャン』)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning編集部

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

Lightning TOPへ

No more pages to load