【アールジェイビーの傑作ジーンズ】2ブランドをミックスさせたディテールに注目

王道のアメカジをベースとしながらも、特定の時代感に囚われることなくこだわりの素材と技術で独自のクラフトマンシップを貫くR.J.B。兄弟ブランドのフラットヘッドとは異なるアプローチで細部のディテールを煮詰めたプロダクツに注目したい。
そんなアールジェイビーの傑作ジーンズを紹介する。

Lot. D109FXRZ

フラットヘッドとのコラボレーションで誕生したモデル。股上浅めのタイトシルエットだが、丈夫さとしなやかさに優れるジンバブエコットンを旧式シャトル織機で左綾に織り上げたデニムを使用するため、穿き心地の良さと、ハッキリとした縦落ちを実現する。

バックポケットはR.J.Bロゴとフラットヘッドの飾りステッチをミックスしたデザインだ。

膨らみを持たせたベルトループは縫製糸が沈むので耐久性が高い。

ジッパー周辺は生地と近い紺色の縫製糸を採用。

パッチはディアスキンを使ったコラボ仕様。

【DATA】
ウエストサイズ:W26,27,28,29,30,31,32,33,34,36,38,40
デニムオンス:14オンス
シルエット:スリムテーパード
ウォッシュ:ワンウォッシュ
プライス:3万3912円(W40は3万5964円)

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
http://www.flat-head.com

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load