【バンソンの傑作ジーンズ】モーターサイクルカルチャーのエッセンスが香る一本

1974年にマサチューセッツ州ボストンにて創業したバンソン。品質にこだわったレザーウェアを展開し、モーターサイクルシーンで絶大なる人気を誇る。そのアイデンティティは、デニムプロダクツでも健在だ。
そんなバンソンの傑作ジーンズを紹介する。

Lot.NVBL-802

 

天然藍染のデニム生地に、美しい色落ち加工とリペア加工を施したデニム。パッチとヒップポケットに厚みのあるレザーを使っており、レザーウェアに定評のあるバンソンならではのモデルとなっている。程よいリペア感も好印象。バイク乗りにオススメしたい1本だ。

天然藍染された後ろポケット。穿きこむほどエイジングを味わえる。

トップボタンも長年使い込んだような味わい。

ウォレットチェーンやキーチェーンが装着できるフックを装備。

モーターサイクルカルチャーを彷彿させるクロスボーンの刺繍。

【DATA】
ウエストサイズ:W30,32,34,36,38
デニムオンス:13.5オンス
シルエット:ストレート
ウォッシュ:ダメージウォッシュ
プライス:2万3760円

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
http://never-mind.biz

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load