【バーガスプラスの傑作ジーンズ】天然藍特有の味わい深い経年変化が魅力

戦後間もない頃から日本のアメカジを牽引してきた上野の老舗、ヒノヤがそれまでのノウハウを注ぎ込んで立ち上げたブランド。ヴィンテージディテールをサンプリングしながらも、岡山県産の生地を使用した表情豊かなオリジナルデニムを展開する。
そんなバーガスプラスの傑作ジーンズを紹介する。

Lot.928

1920年代のデニムをベースとしたゆとりのあるシルエットが特徴的なブランドのハイエンドモデル。天然藍で染め上げたデニムを使用するため深みのある経年変化を楽しみたい。ポケット角の補強革や細かいステッチングなど独自の仕様が個性を演出する。

左右で糸の色を変えたオリジナルのセルビッジ生地。

フロントポケット上部のリベットには補強とアクセントのための鹿革が挟み込まれる。

フロントのトップは黒染めしたオリジナルボタンを使用。

バックシンチを備えるクラシカルなスタイル。

【DATA】
ウエストサイズ:W28,29,30,31,32,33,34,36,38
デニムオンス:14オンス
シルエット:ややゆったりめ
ウォッシュ:ワンウォッシュ
プライス:2万1384円

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
http://burgusplus.jp

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load