【グリームの傑作ジーンズ】ジーンズの黄金時代でもある’50年代初期モデルをイメージ

1996年にスタートしたグリームは、旧き良きデイリーウェアを当時の手法を研究し、かつ現代の技術や匠の技を融合させることで、時代に左右されないヴィンテージ感溢れるスタンダードなアイテムを幅広く手がける。
そんなグリームの傑作ジーンズを紹介する。

Lot.201

ジーンズが最も輝いていたといわれる1950年代初期をイメージして制作。グリーム創業時から続く不動の人気モデル。’50年代当時の色落ちを研究した結果、ジンバブエコットンを使用した14.5ozのオリジナルデニム生地を使用するなど、細部にまでこだわり満載。

ピンストライプ風の美しい模様を描く飾りステッチ。

当時の縫製の仕方なども研究して作られている。

当時の仕様に倣いポケットの補強にはリベット留め。

【DATA】
ウエストサイズ:W28,29,30,31,32,33,34,36,38,40,42
デニムオンス:14.5オンス
シルエット:ストレート
ウォッシュ:リジッド
プライス:2万7864円〜3万2184円

※掲載情報は取材当時のものです。

【問い合わせ先】
http://gleem.biz

【定番のジーンズブランドを知りたいならこちら】

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

いま穿きたい定番ジーンズブランド55選

2019年09月04日

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

Lightning TOPへ

No more pages to load