旧きよきアメリカのファストフード店みたいな、「ウィアード」の新作レインウェア。

いわゆるアパレルブランドといえば当然のことながら洋服がメイン、幅が広くてもシューズやキャップといったファッション小物を展開するのがほとんど。だから毎シーズン各ブランドの展示会にお邪魔しては、今年の動向や、それぞれのデザイナーの気分なんかを確認して、次のシーズンに個人的に着たいアイテムや誌面で紹介したいアイテムが決まってくる。しかし、そんなことはどこ吹く風なアイテムをウィアードの展示会で発見した。

ウィアードのウィンディシリーズ

いい歳こいて着てみると実によろしい。 個人的にはターコイズブルー(ウィアードブルー)が好み。ウィンディがデザインされたアイテムだけでもかなりのラインナップ。どれも主張してくれるアイテムばかり。アンブレラ 8640円、ポンチョ 1万3824円、チューブソックス 7452円(3足セット)、ビーチサンダル 4212円(グラッドハンド コア TEL03-6438-9499 http://www.glad-hand.com)

実にポップなデザインの傘にポンチョ、それにビーチサンダルなどなど。旧きよきアメリカのファストフード店を思わせるようなデザインに、独自のキャラクター、ウィンディがあしらわれたグッズたちに目が奪われる。ウィアードのアイテムは昔ながらのアメリカンカルチャーをベースにしながらも、しっかりと遊び心のあるポップで、ときにハメを外した(失礼)デザインが特徴。

個人的にはターコイズブルーが好みだけど、ブラックも存在。こういうアイテムを本気で作る姿勢がうれしい。コーディネイトのアクセントとしても重宝するぞ
同シリーズには2パックのソックス(5292円)とピンバッジ(各1944円)も存在。大物からちょっとした小物までトータルでリリースするという本気の遊び心

もちろん、メインアイテムではないかもしれないが、変化球もしっかりと作り込んでいる。ちょうど雨の多い季節にこんな傘とポンチョで歩いたら、楽しいでしょ。こういうアイテムをいい歳こいたおっさんが着ているからおもしろいわけで、梅雨時や秋の長雨シーズン、フェスなんかにも活躍してくれそうなので迷わずに手に入れてしまった。

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典:『Lightning 2019年9月号』)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load