ブート品は悪くない?Tシャツが物語る、グレイトフル・デッドのLOVE & PEACEの精神。

1969年に開催された伝説的なロックフェス『WOOD STOCK』に参加し、ヒッピーカルチャーを語る上では欠かせない存在となったグレイトフル・デッド。その歴史と残したものを考えれば多くを語ることは難しいが、彼らが残したLOVE & PEACEの精神は現代も生き続けているのは間違いない。その一端を知るべく、’60〜’70sのカルチャーに精通する横浜市の『サージコーストストア』で、当時を映し出す資料やグレイトフル・デッドのグッズを拝見させてもらった。

サージコーストストアの代表、鮫嶋直人さん。10代の頃からロックに傾倒し、 グレイトフル・デッドにも多大な影響 を受ける。’60〜’70年代のサーフ、ヒッ ピーカルチャーなどをミックスした独自のスタイルを提案する
’70sの ヴィンテージTシャツ。左はピーター・マックスのアートワークをプリントしたもので、 中央と右はリック・グリフィンが描いたグレイトフル・デッド物。すべて価格ASK

ブート品を認めたことで、世界中で愛されるデッドグッズ。

デッドヘッズ作と思われるタイダイTee。前後 プリントのスカルがインパクト抜群。5184円
ジョン・メイヤーが加入したデッド&カンパ ニーのオフィシャルツアーTee。1万4040円
WOOD STOCKモチーフのグラフィックは’69年 の参加アーティストが描かれている。8532円
(左)オフィシャルのモンキースカルTee。スティールユアフェイスも代表的なデザインだ。6200円(右)一見シンプルだが、イーグルが掴んだローズがグレイトフルフデッドTeeのアイコン。5990円

ヒッピーと呼ばれるお金や社会から逸脱した精神性を基に、プロミュージシャンとしても独自のスタンスを貫き続けるグレイトフル・デッド。ファンを仲間として捉え、毎回演奏が異なるライブ音源を録音することや、ブートグッズの販売を認めるなど、LOVE &PEACEのスタンスとして仲間内で趣味をシェアする文化を生み出し、今もデッドグッズは世界中のファンによって増え続けている。LOVE & PEACEは死なず。それは、SNSやネットを通じて様々なものを世界中でシェアする現代にも通じる精神と言えるかもしれない。

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典:『Lightning 2019年9月号』)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning編集部

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load