単調になりがちなメガネライフに変化を! 40歳からの色眼鏡デビュー。

眼鏡選びにカラーレンズという選択肢

小学生でメガネをかけていると「メガネ」とか「がり勉」とか、あだ名をつける文化ってなんなんですかね? 大人になると伊達メガネをあえてかける人もいるというのに、あの頃ってそんなこと知らないですもんね。大人の嗜みとして眼鏡選びというのは非常に楽しいものです。ひとつのものをずっと使うのもいいですが、複数所持して、TPOやファッションに合わせてチョイスするってのは、いいもんです。

筆者はもともと視力が悪かったので、高校生のころからコンタクトレンズの愛用者でした。メガネはサブ的な役割だったけど、アメリカンカルチャー&ファッション誌「Lightning」の編集長を拝命したときに、見た目が若いからメガネにしてヒゲを生やして少しでも大人っぽく見られようと決めてから、40代になった今も普段からメガネをするようになった私。いろいろなメガネに挑戦しているけど、その中でももっとも持っているのが「ステディ」のメガネ。じつはここのオーナーにしてデザイナーの金子さんとはずいぶん昔から知っていて、毎シーズン展示会に行っては新作をピックアップさせていただいているのです。でも最近は自分で選ぶとどうしても、単調なセレクトになってしまうので、デザイナー自ら私にぴったりのメガネを選んでもらうことに。それでおすすめされたのがこれ。

定番のボストンタイプ「ステディ」STD-64 C-1

4万1040円(ステディ TEL03-5787-8371 http://www.steady-2011.com)

ステディというブランドはそのコンセプトが「相棒のような存在のメガネ」。昔からあるスタンダードなデザインをベースにしながらも、一見しただけではわからない高度な技術や味付けをすることで「むむむ」なモデルばかりなのだ。しかもどれも佇まいが実に美しい。生産は日本のメガネの聖地である鯖江なのも納得。

今回レンズを入れたのは自由が丘にあるメガネヤヒカリノアトリエ(TEL03-6874-6849 http://hikalier.jp)。ちなみにグリーンのカラーレンズは濃度25%だ

さて、選んでいただいた「STD-64 C-1」。デザインはスタンダードなボストンタイプ。オールβチタンのフロント一体タイプのフレームにすることでフロントリムを極限まで細く表現している。もちろんかけ心地は抜群。カラーはゴールドメッキによるもので、表面はシャーリング加工がされ、裏側は艶有りになっている。ゴールドといってもそこまでイエロー感の無い上品な色なので、カジュアルだけでなくフォーマルにも合いそうだ。

そうしてゴールドのフレームを選んだならば、ここはグリーンのレンズという昔ながらの王道な組み合わせをチョイスせずにはいられない。カラーレンズはどうもオラオラしたキッズ、あるいはマダムのものってイメージがあったけれど、つけてみると意外や意外しっくりくる。そう、いつの間にか年を取り、色眼鏡がちょうどいい年代になってきてたようだ。40代、色眼鏡デビュー、イイ感じです。

※掲載情報は取材当時のものです。
(出典:『Lightning 2019年10月号』)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load