500本限定!カスタムキット付「FULLCOUNTの大戦モデルのデニム」にペイントしてみた。

アメリカンカルチャー&ファッションマガジン『Lightning』の編集スタッフがおすすめのアイテムを月一で紹介する連載「EDITOR’s PICK」。今回は、レザー、ミリタリー、バイクの知識は編集部随一を誇る、モヒカン小川がFULLCOUNTのデニムを紹介します。

不器用だってカスタムしたいんだ!

昔から手先が不器用で、たいして上手くできないくせに工作やカスタムは大好きだった。小学生の頃に必死で並んで買ったガンプラも、友達はきれいに色を塗ってジオラマなんかを作っているのに、俺はカラーリングはおろか、組み立てすら上手に出来ず、バリが残ったままの、おそらくジオン軍でも“B品”扱いにされるような雑なモビルスーツが完成し、ジャブロー(わからない人は『機動戦士ガンダムⅡ 哀戦士』を観てね)のジオラマを作りたくてズゴックとジムを並べたが、躍動感は全くなく、土俵みたいになってしまった。

革ジャンにステンシルを入れた時は、スプレーを掛けすぎてロールシャッハテストみたいになっちゃうし、A-2を手塗りした時は、色ムラがありすぎて小学生の水彩画みたいに仕上がった。俺の手にかかると、すべてが「完成」とは程遠くなるのだが、でも自分の手による“ひと手間”が入ると、そのアイテムに俄然愛着が湧くというもの。カスタム好きな本誌「Lightning」読者の方なら、この気持ちは分かってもらえると思う。

先日、ドイツ・ベルリンで開催された展示会に行った時のこと。フルカウント代表・辻田さんに、この大戦モデルのデニムを見せてもらった。シルエットはクラシカルなストレート。大戦モデルならではのディテールが随所に織り込まれた逸品だ。500本限定なのだが、本題はここから。

[1100_19 WW2 Model]は、13.7oz のセルビッジデニムを採用、スレーキとベルトループに10.5oz のミリタリーデニムを使用し表情の変化も楽しめる。ステンシルシートとアクリル絵の具、スポンジが付属し、自分でペンキステッチを入れることが出来る。500本限定、2万6784円(FULLCOUNT TOKYO SHOP TEL03-6804-6542 http://www.fullcount.co.jp)

なんとデニムにステンシルシートとアクリル絵の具、スポンジが同梱され、お尻のペンキステッチを自分で入れられるというものなのだ。こんな遊び心に溢れたデニム、見たことある? 目の前で辻田さんが実演をしてくれたのだが、見れば見るほど自分でやりたくなる。これなら不器用な俺でも上手く出来そう。もちろん、ステッチはケツポケではなく、どこに入れたってOK。同梱の絵の具はオレンジだが、色で遊んでも楽しそうだ。

FULLCOUNTの大戦モデルのデニムをカスタムする!

ペンキステッチの入れ方はいたって簡単。紙皿などのパレットにアクリル絵の具を出し、ステンシルシートを手でしっかりと押さえながら、絵の具を付けたスポンジを軽くぽんぽんとステンシル上をスタンプしていくだけ。

不器用な俺でもこの仕上がり。なかなかいいんじゃない?

久々に俺の心の“カスタム魂”が呼び起こされたぜ。

※掲載情報は取材当時のものです。
(出典:『Lightning 2019年10月号』)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning編集部

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load