世の編集者諸君に訊く! どんなエディターズバッグ使ってますか?

アメリカンカルチャーとファッションを深堀するマガジン「Lightning」編集部スタッフが、実際に購入したアイテムを紹介するこの企画。今回は、編集部の紅一点、めぐミルクがお届けします。

なで肩に適したエディターズバッグが欲しい

ここ数年、通勤用に使っているのはキャンバスのトートバッグ。頑丈なので全然ヤレないし、汚れたらガシガシ洗えるので、普段使いには重宝している。だた問題がある。実はワタクシ、極度のなで肩。普通に肩に掛けているだけだとすぐにずれ落ちてくる。普段はハンドルを握った状態で肩掛けしているので、それほど気にならないけれど、バッグを持ったままの取材や撮影のとき、メモを取るたびにバッグが肩からずれ落ちてくる始末。本来であれば斜めがけでもできるバッグが一番いいんだろうけれど、なかなかしっくりくるものに出会えてないのが現状だ。

そこで見つけた「andloop」の倉敷セイフティウォレット

ブルーのほか、マスタード、ペールグリーン、グレーの4色展開。サイズはウォレット時がW120×H125㎜、ポーチ時がW12 0×H205㎜。3672円(ミレスト/イデアインターナショナル TEL03-5446-9530 http://idea onlineshop.jp/MILESTO)

っで、メインバッグにはならないけれども、もしかしたらコレ使えるんじゃね? なんて見つけたのが、セイフティウォレット。その名の通りウォレットとして作られているので、コインやお札、カードにプラスαくらいのものしか入らない。でも、小さなメモ帳と筆記具、スマホ、名刺入れが入る。つまり私にとっての取材セットだ。世の中のエディターがパソコンでカチャカチャと取材する時代にあっても、アナログで何が悪い! 精神だもんでね。

背面にはファスナー付きのポケットがあり、コインやカードを収納するのに便利。

ショルダーを外して二つ折りにすれば、ウォレットとしてポケットに入れて持ち歩くことも可能だ。

メインバッグを預けられるときはこれを斜め掛けして取材すればいいし、もうすぐ開催される「Lightning」主催イベント・稲フェスやブーツフェスなど、動き回らなければならないイベントのときもきっと重宝するはず。

これは130年の歴史を持つ倉敷帆布を使用した限定品らしいので、気になる方はお早目に。もちろん、編集者じゃなくても、本来の用途であるセイフティウォレットとして旅先やフリーマーケットで活躍すること間違いなしです。

※掲載情報は取材当時のものです。
(出典:『Lightning 2019年10月号』)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning編集部

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load