[フィッシングベスト」と「ハンティングベスト」どう着こなすのが正解?

街中でも使える、フィルソン・ベストのススメ。

ギアとして優れた機能を誇る、フィルソンのハンティングベストとフィッシングベスト。実はいま、このようなベストがファッションとしても注目されているんです。でもアウトドアウエアは、機能に特化していることもあって、ファッションとしては時として合わせにくい場合も多いですよね。特にハンティングベストやフィッシングベストなど機能を追求した本格的なギアは、その傾向も顕著に。

そこで、フィルソンを代表するベスト2種を使い、定番スタイルとちょっとトレンドを意識したタウンユースな2コーデを提案します!

【ハンティングベスト編】ブルーの1トーンコーデにグリーン×ブラウンを挿す。

ベスト1万8900円/フィルソン 、シャツ1万9440円、パンツ2万5920円/ともにナイジェル・ケーボン(すべてアウターリミッツ TEL03-5413-6957)、キャップ7560円/キャリー(スチ ュワーズレーン トウキョーウ TEL03-6434-1278)、シューズ1万2960円/ヴァンズ ヴォルト(ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR TEL03-3796-0996)

15オンスの厚手なティンクロス・コットンを使い、背面には大きなゲームポケットも装備。オイルフィニッシュで防水性も高いこのハンティングベストは、ちょっと太めなトラウザーをベースに合わせるとバランスが取りやすい。特にこのようにブルーの1トーンを意識したコーデに挿すと全体がまとまりますね。

ちなみに背中はこんな感じ。

【フィッシングベスト編】流行のレーヨン開襟シャツも、同系色でまとめれば難なくコーデ可能!

ベスト4万2120円/フィルソン(アウターリミッツ TEL03-5413-6957)、ハット1万6200円、シャツ1万6200円/ともにドレスヒッピー(ノーネーム TEL078-333-1341)、パンツ1万7280 円/キャリー(スチュワーズレーン トウキョウ TEL03-6434-1278)、シューズ/パラブーツ7万200円(パラブーツ青山店  TEL03-5766-6688)

オイルフィニッシュした6オンスのカバークロス・コットンを使ったフライフィッシング用のベストは、アウトドア感が非常に強い。これを都会的なファッションとして着こなすには、アウトドア感のある色合いのレーヨン開襟シャツにチノパンを合わせたい。軽い色合いの革靴を合わせるとさらに洗練されるぞ!

こちらばバック部分の収納っがたたっぷり。ほぼリュックと変わらない容量が入るので荷物が多くなっても安心ですね。

意外といっては何だけど、どちらも立派にファッションしてますよね。シャンブレーシャツを使った定番スタイルと、いま流行の開襟シャツでアレンジした旬のスタイル。どちらも挑戦してみるのに最適なアイテムなんではないでしょうか。ただし、一気にアウトドア感の増す、色の使い過ぎだけは注意しよう!

※掲載情報は取材当時のものです。
(出典:『Lightning 2019年10月号』)

 

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning編集部

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load