サーフィンだってヴィンテージ!“ピッグ”のボードで大人のクラシカルサーフスタイル

大人は、クルマもサーフィンもスタイル重視でいこう!

多様化するサーフシーンのなかでも、一部のファンのなかで密かに話題を呼ぶ、クラシカルスタイル“ピッグ”のボードとともに当時の世界観を楽しむ佐藤誠司さん。茨城県土浦市の老舗アメカジショップ「デルボマーズ」のほか「ザ・リアルマッコイズ茨城」(土浦市)「ザ・ウォリアーズ」(つくば市)の代表を務めており、ヴィンテージウェア、バイク、クルマなどにも造詣が深いことでも知られています。

自宅の一角にある佐藤さんのガレージ。中央に鎮座するデロリアンの脇にはハーレーやBMW、国産までレアな旧車バイクが10数台、奥にはヘルメットやブーツなど男心をくすぐりまくりのアイテム満載の宝箱! これは興奮してしまいますよね。

ガレージの一角にはサーフボードのストレージも。ほぼ全てがクラシカルなロングボードで、現行品からヴィンテージまでファン垂涎のお宝がギッシリ。その量はまさに圧巻のひと言です。ロングボード歴21年、“PIG” にハマったのは8年前。現在の板と比べて扱いづらいが、当時のスタイルにこだわるため新しく作る板もあえて当時のデザインを踏襲しているんだそう。

“ピッグ”なサーフボードって何だ?

1950年代後半に生まれたこの“PIG(ピッグ)”(先端が細くて後部が丸いのが豚に似ていることが由来)はサーフィンにマニューバーという概念を持ち込んだ画期的デザインとしてファンの間では知られています。クラシカルで通好みなスタイルですが、板のデザインや製法が確立されていない当時の板は、現在のモノと比べて乗り味もクセが強い。そんな“不便さ”も含めて当時のスタイルを楽しんでいる佐藤さん。クラシカルなスタイルを踏襲しつつ、操作性などを高めたボードも多い中、佐藤さんはあえて当時のオリジナルスタイルにこだわっているという。

1963 VOLKS WAGEN TYPE 2 17年前に奥様が自分用に購入したそうだが左ハンドルのマニュアルに慣れず、以降佐藤さんが外遊び用として海への行き来に乗るタイプ2アーリーモデル。購入時からこのカラーリングだったそう。内外装ともに手入れも行き届いていて調子も抜群。サーフボードもファッションも含めてアーリー’60S好きな佐藤さんには最高の1台

「ファッションもクルマも含めて’60年代のカルチャーが好きなんですよ。タイプ2もそうですが今の技術を使えば便利になるんですけどそうじゃない。もちろんサーフィン自体も好きですけど、“ピッグ”のモノとしての作り込みや世界観が好きなんです。たくさん波に乗るというよりも、お気に入りのクルマで海にいっていい波に1本乗れればそれで満足です」

“ピッグ”コレクションを拝見!

趣味だからこそ便利さではなく自分の“好き”を追求することで“スタイル”が生まれる。めちゃくちゃカッコいい大人の嗜好だと思いませんか? そんな佐藤さん愛用の、“ピッグ”のお宝ロングボード(のごく一部)を、コレクションのごく一部だが紹介していこう。

1.DAVENPORT 10’2

現行モデル。厳密にはピッグスタイルではないがピッグを再興した知人の板を削るシェイパー作。

2.JACOBS 9’8

1965年製。大規模な修理も施されていない「オリペン」状態のお宝。

3.PIETER 10′

現行品。オーストラリアの知人のシェイパーにオーダーした’50sレプリカ。バルサ使用。

4.Dewey Weber 9’8

こちらも1963年のオリジナルモデル。

5.VELZY 9’10

ピグスタイルを作ったヴェルジーの板。1964年製。

6.SURF A PIG 10′

カリフォルニアのサーフアピッグオリジナルのボード。

こんなものも・・・“PIG”Tシャツ

“PIG” シーンを復興させたカリフォルニアのクラブチームがオリジナルで作ったTシャツ。趣味で作ったモノが話題となって販売されるようになったんだそう。

 

大人になった今だからこそ、お金でもなく、時間でもなく、ただ“好き”という基準でサーフィンもクルマも、あらゆることを楽しんでみてはいかがでしょうか。ヴィンテージ好きならここまでとことんこだわってみるのも、カッコいいですね。

 

※掲載情報は取材当時のものです。
(出典:『Lightning 2019年10月号』)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning編集部

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load