秋もデニムは欠かせない!あなたは履く派?羽織る派?どっちも派?

最近若者の「デニム離れ」がずいぶん話題になった。しかし、我々にとっては関係ない。秋だっていつだってデニムを履いていたい。マーロン・ブランドやジェームズ・ディーンは永遠の憧れであり、デニムは永遠の定番なのだ。そんな、流行に左右されず信念を貫く男たちを参考に、我々のデニム愛を再認識しよう。履くのか、羽織るのか、どっちもなのか、それはあなた次第です。

履く派のスタイルは「サイズ感」に注目!

THE H.W.DOG デザイナー 弦巻史也さん

秋らしい素材感のウールメルトンを使ったベースボールキャップに、ビッグヤンクの黒シャンブレーシャツとUSネイビーのユーティリティパンツでコーディネート。大きめのサイズ感と足元のニューバランスで、今っぽいコーデに仕上げている。

ストレートデニムはブーツインがカッコいい!

JOB314 スタッフ 坪井芳樹さん

RRLのネイティブ柄ニットをブリムハットやウエスコのエンジニアブーツなどのアースカラーアイテムでうまく着こなしている。ブーツインなどの小技もポイント。インナーにあえて柄シャツを差し込んでいるのも絶妙だ。

羽織る派は二枚重ねがイカしてる!

JOB314 スタッフ 山住丈史さん

ザ・リアルマッコイズのカバーオールに、ジョブ314別注のフルカウントのデニムジャケットをレイヤードしたアイディアが素晴らしい。トップスにボリュームがあるので、足元はホワイツのブーツでうまくバランスを取っている。

どっちも派はもちろん「デニムonデニム」

ベルベルジン ディレクター 藤原裕さん

ヴィンテージデニムアドバイザーとしても活躍する藤原さんは、リーバイスのタイプセカンドこと507XXと501Eのセットアップで登場。パンツは、友人のMSDTにこのジャケットに合わせてペンキカスタムを依頼した。

いずれも真似したくなる秋コーデですよね。ぜひ、秋ファッション大特集の本誌11月号も参考に、ファッションを楽しんでください。

(出典:「Lightning 2019年11月号 Vol.307」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning編集部

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load