膝の出ないスウェット発見!20.5オンスと超ヘビーな米海軍モチーフの1本がスゴイ。

私はスウェットパンツで外出することがほとんどない。思い返しても、20年以上前にリバースウィーブのパンツをファッションで穿いたことが何度かある程度。アディダスのATPジャージなんかは、パンツだけではなくセットアップでもよく着ていたのに、スウェットパンツとなると、ファッションとして穿くには少し抵抗があるんだよなぁ……。おそらく、穿いているうちに膝とお尻が伸びて、シルエットが崩れてしまうことが嫌いなのだ。

ナイジェル・ケーボンの’40s ミリタリースウェットパンツ

ウエストの幅広いリブも特徴のひとつ。ホワイト、グレー、ネイビーの3色展開だが、 私はヴィンテージ感が強いホワイトの34インチをチョイスした。2万2000円+税(ア ウターリミッツ TEL 03-5413-6957  http://cabourn.jp)

それなのに、つい先日スウェットパンツを買ってしまった。もちろん外穿き用として。これは、ナイジェル・ケーボンが1940年代のアメリカ海軍のものをベースに作った1本。私が惹かれたポイントは、’70年代のアズマ機で編み立てた20.5オンスの分厚い生地と、生地を二重にした膝周りの仕様。これなら穿き込んでも生地がダレにくく、膝やお尻が出にくいはず!

次に、バックポケットまで装備していること。トレーニングウエアとして作られたスウェットパンツはポケットが少ないが、外穿きするなら個人的にはフロントとバックで3つはポケットが欲しい。必要不可欠なバックポケットは右側に装備。中央部分にはアメリカ海軍のヴィンテージと同様にサイズ表記のタグが付いている。

そして、買ってから気付いのだが、こんなにヘビーなのに穿き心地が快適すぎる! ふっくらと柔らかく、裏起毛なのでスウェット生地本来の保温性もしっかりと確保されている。元々スウェット生地はコットンフリースと呼ばれており、吊り編みのような柔らかさとヘビーオンスの両立が“AZUMA FLEECE” の特徴なのだ。

膝裏は生地が二重になっており、膝の表側に見える四角いステッチがアクセントに。ヴィンテージ同様にあえて歪ませているのも魅力的だ。裾リブ仕様ではないが、ドローコードがあるため、裾上げはもちろんNG。そこで、少しロールアップして穿こうかと考えている。ちょっとスポーティさをプラスした着こなしが気分のいま、このスウェットパンツは、うまく使えばヘビーローテになる逸材だ。

※掲載情報は取材当時のものです。
(出典:『Lightning 2019年11月号』)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning編集部

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load