BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ターコイズ製造現場に潜入! ただの石ころが宝石に変わる瞬間を徹底レポ!

男性が身につけるという意味でポピュラーな宝石といえば、ターコイズ。アメリカンジュエリーには欠かせないものだ。しかし、ターコイズに限らず宝石はジュエリーになった状態で見ることがほとんど。実際に、どうやって原石からジュエリーへと変化していくのか、アメカジ好き、アメリカンカルチャー好きなら気になるところ。そんな気になる過程を、覗いてみよう!

STEP-1 母岩をチェック。

まずは母岩の中にターコイズがどのような形状で生成されているかを観察し、どのようにカットすると効率よくターコイズが切り出せるかを検討する。

STEP-2 石をカット。

鋭い円盤が回転する鉱石用カッターマシンで母岩からターコイズを切り出していく。この時に、最終的な形状を想像しつつ、やや母岩を残しながらざっくりとカットするのがポイント。

STEP-3 バッキングを施す。

バングルやリングなど貴金属と組み合わせる場合は、石の裏面がフラットになっている方が作業効率は良く、ターコイズ本体よりも強度が高まるためバッキングと呼ばれる処理を行う。樹脂や砂などを混ぜた専用剤をテーブルの上に流し、その上にターコイズを置き、固まるまで乾燥させる。

STEP-4 ターコイズを切り分ける。

バッキングが固まったらターコイズの形状に沿ってニッパーなどで切り分ける。バッキングの厚みは1㎜前後。石のカサ上げにもなるため、ジュエリーに付けた時に映えやすいというメリットもある。また小さい石の場合は、後の工程である研磨作業がしやすいように、バッキングにドップと呼ばれる竹棒を接着し持ち手を付ける。

STEP-5 研磨し、形を整える。

次はグラインダーを使って研磨する。母岩を取り除くため表面を削りターコイズ質を露わにしていく。次にティアドロップの形状にするためアウトラインも削ってシルエットを整える。削りすぎてしまう場合があるため、状態を見ながら少しずつ研磨するのがコツ。

STEP-6 荒磨きを行う。

形を整えたら、細かな番手のヤスリでターコイズの表面を滑らかに仕上げる。前の工程よりも不純物も小さくなっているのがわかる。またシルエットの細かな調整も行い仕上げていく。この工程では表面がまだマットな質感。よく見ると細かなヘアラインが残っている。

STEP-7 仕上げのポリッシュ。

最後の工程は柔らかな革製の円盤を使ったポリッシャーで表面を磨き上げ、ピカピカに輝いたら完成。ターコイズはタイロン鉱山で採掘されたもので、美しいジュエリーへと昇華した。

ここからさらに、シルバーと合わせるなどしてジュエリーとして完成する。ターコイズの輝きは、このように職人の手によって生まれ、あの鮮やかな色合いが表現されているわけだ。産地でもまた風合いが異なるなど、極めたくなるターコイズの世界へ足を踏み込んでみてはいかがでしょうか?

▼ターコイズについてもっと知りたい人はこちらをチェック!

ターコイズの色・産地・模様から価値を評価! 正しいターコイズの選び方。

ターコイズの色・産地・模様から価値を評価! 正しいターコイズの選び方。

2019年10月26日

(出典/「別冊Lightning Vol.199 アメリカン・ターコイズ」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load