BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

レッド・ウィングRED WINGの定番「ポストマン」ってどんなシューズ?

レッド・ウィングは何もブーツだけではない。短靴もまた、人気を集めているのだが、なかでも「ポストマン」は一度終売になりつつも復活を遂げたほど、根強い人気がある。元々は名前の通り郵便局員のためのシューズであったポストマンシューズの魅力と種類、おすすめコーディネイトまでご紹介します!

毎日何マイルも歩く、郵便局員から絶大な支持を得た、疲れない短靴「ポストマンシューズ」。

レッド・ウィングがポストマンとポリスマンのために開発し、1954年に発売されたのが「101」。特に手紙や荷物を届けるために重い鞄を背負いながら何マイルも歩くポストマンにとっては、衝撃を吸収するクッションソールのポストマンシューズは頼もしい存在であった。その後一度姿を消したが、現在は復刻され、レッド・ウィングの疲れない短靴として認知されている。

ちなみに、ファッション雑誌「2nd(セカンド)」より、2010年に発売された「THE RED WING BOOK」では「復刻が望まれる2足の名作」と題し、ポストマンシューズの「101」と「CHUKKA」が当時ヴィンテージ市場で渇水しており復刻を願う声が得に多いモデルとして紹介さている。

それでは、ポストマンシューズのバリエーションを見ていこう。

1.Postman Oxford 101

ポストマンシューズとは郵便局員のために作られたもので、USポスタルサービスの認可を受けたモデルのみ名乗ることができる。レッド・ウィングでは、過去には106、2206、8999など多数指定され、その中でも最も定番とされているのが、1953年に発売された「101」である。ブラック一色の無骨な表情だが、その履き心地はクッション性に富んでおり、歩く郵便局員のために作られたモデルだけある。

  • レザー:ブラック「シャパラル」
  • 製法:オールアラウンド・グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・クッション・クレープ
  • ラスト:No.210

2.Postman Oxford 9101

101のアッパーをチョコレート「シャバラル」に変更したモデル。

  • レザー:チョコレート「シャパラル」
  • 製法:オールアラウンド・グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・クッション・クレープ
  • ラスト:No.210
  • ドレッシング:ーーー

3.Postman Oxford 9112

なかなか無骨な表情の「ポストマン」のアッパーをブラックのラフアウトレザーでアレンジしたのがこのモデル。素材が違うだけで、よりスタイリッシュに。それでいて履き心地はポストマンシューズという一足。

  • レザー:ブラック「アビレーン」ラフアウト
  • 製法:オールアラウンド・グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・クッション・クレープ
  • ラスト:No.210

▼こちらの記事もチェック

デニムに似合う、黒いレッド・ウィングの短靴おすすめ3選。

デニムに似合う、黒いレッド・ウィングの短靴おすすめ3選。

2019年08月24日

4.Postman Chukka 9196

レッド・ウィングのポストマンシューズの中で最も定番と言える101と並んぶ定番といえば、チャッカブーツタイプの「9196」である。このモデルは、1980年代に一度生産中止となり、1998~2004年までの間に一度復刻されたモデル。USポスタルサービス(アメリカ郵便局)の職員規定に定められた靴だけに付けられる“SR/USA” タグが装着されており、ポストマンたちに認められたシューズだということを物語る。また制服を着用するワーカーのためにデザインされたこともあり、ワークブーツの範疇ながら、シンプルかつドレッシーな装いが特徴だ。外観は光沢のあるレザーにスリップレジスタンスの認定を受けたクレープソールという組み合わせ。このフラットなソールは、芝生を傷めないために使われたという諸説もある。

  • レザー:ブラック「シャパラル」
  • 製法:オールアラウンド・グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・クッション・クレープ
  • ラスト:No.210

5.Postman Boots 9197

9 つのハトメを持った6インチ丈のポストマンブーツ。ポストマンシューズの6インチモデルとしてラインナップされる「9197」は、1950年代に販売されていた「102」をルーツにしている。塗膜が施されたレザーは雨にも強く、質実剛健なグラウンドシューズとして履ける。またホールド力が群を抜いて優れている。

  • レザー:ブラック「シャパラル」
  • 製法:オールアラウンド・グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・クッション・クレープ
  • ラスト:No.210

▼ポストマン以外のレッド・ウィングのブーツもチェック!

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

2019年11月01日

次のページではコーディネイトを紹介する。

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load