レッド・ウィングRED WINGの定番「エンジニア」ってどんなブーツ?

レッド・ウィングのヘビーデューティの思想が詰まったロングセラー、「エンジニアブーツ」。現在に至るまで幅広い年代に愛されてきた不朽の名作だ。長きにわたり変わらない普遍的なデザインはオリジンと呼ぶに相応しく、そんな「エンジニア」の魅力と種類、ファッション通のコーディネイトまでお届けする。

1930年代に誕生した、ヘビーデューティの思想が詰まったロングセラーモデル。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、国中に発達した鉄道網がアメリカの発展を加速した。そこで活躍した鉄道機関士の過酷かつ危険な仕事を支えるために作り出されたのがこのエンジニアブーツだ。

アンクルを確実にホールドする極太のベルト、レッド・ウィングが採用し急速に普及した衝撃から足元を守る肉厚のスティール・トゥ、そしてフィールドに合わせて選択可能なソール。世界中でエンジニアの足元を支えてきたレッド・ウィングのエンジニアには、細部に至るまでヘビーデューティの思想が行き届いている。

では、このエンジニアブーツのバリエーションを見ていこう。

1.11” Engineer Boots(Steel-toe) 2268

「2268」は、エンジニア初挑戦の人はもちろん、10年以上ブーツを履いてきた玄人まで対応してくれる懐の深さがキングオブエンジニアブーツと言われる所以。レッド・ウイング史上の傑作中の傑作だ。スティール・トゥを備え、1961年に誕生して以来何度かマイナーチェンジを繰り返して、現在も販売されているロングセラーブーツとなっている。

  • レザー:ブラック「クローム」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

2.11” Engineer Boots(Steel-toe)- Stovepipe 9268

11” Engineer Boots(Steel-toe)- Stovepipe 9268

茶芯の経年変化が楽しめる、レッド・ウィングを代表する人気エンジニア。1980〜’90年代のレッド・ウィング「2268」は茶芯のブラックレザーと、足首部分が細く設計された筒を持ち、ヴィンテージ市場でも人気が高い。度々マイナーチェンジをしてきた「2268」の、その当時のディテールを再現した、より伝統的なエンジニアブーツがこれである。プレス製法でつくられるバックルも再現されている。

  • レザー:ブラック「クロンダイク」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

ちなみに、経年変化すると・・・

いい味出てます。

3.11” Engineer Boots(Non Steel-toe)- Stovepipe 2966

スティール・トゥを排除した洗練された面構えの茶芯モデルが「2966」になる。上のエンジニアブーツ「9268」のつま先に入れられているスティール製の先芯を入れずに柔らかい樹脂製の先芯を入れたモデル。先芯が柔らかい分、履きやすさが増している。同じラストでつくられているが、先芯が違うためつま先のボリュームが抑えられ、スマートな外観に。

  • レザー:ブラック「クロンダイク」
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

ちなみに、経年変化すると・・・

こちらもいい味出てます。

4.11” Engineer Boots(Steel-toe) 8268

「2268」のレザーをベージュのラフアウトレザーに変更したのがこの「8268」。1990年代初めに登場し、その後、経年変化の楽しみが広がる一足として、マイナーチェンジしつつロングセラーとなっている。このラフアウトレザーを使い、特に人気の高かった1990年代の「8268」を復刻したものが、「9269」にあたる。

  • レザー:ホーソーン「アビレーン」ラフアウト
  • 製法:グッドイヤー・ウェルト
  • ソール:ブラック・ネオプレーン・コード
  • ラスト:No.50

エンジニアブーツのコーディネイト10選

1930年代、ワークブーツのデザインの多様化とともに生まれたエンジニアブーツ。履きやすさ、着脱のしやすさ、そして無骨なディテールは、男たちの心を長きに渡りつかんできた。そんなエンジニアブーツとのファッションコーデは、やっぱり男らしく、一段とカッコいいのだ。

1.「US」代表 植村肇さん

アメリカのインポート&古着を扱う セレクトショップであり、ストリー トカルチャーの発信地でもある 「US」代表。本人が無類のバイク好 きということもあり、総本山である 三軒茶屋店には、多くのバイカーが 訪れる。原宿店もあり。 http://us2000.jp/

所有しているレッド・ウィングのほとんどが黒のエンジニアブーツという植村さん。「昔から、何かひとつのものを収集してしまう癖があるんですよね。コンバースのアメリカ製オールスターとかジッポーとか。一度決めたら、ひたすらそればかり集める。それがレッド・ウィングのエンジニアブーツだったんだ」。

バイクに乗るときも当然レッド・ウィング。「街乗りならスニーカーのときもあるけど、ロングのときは必ずレッド・ウィングのエンジニアブーツ。こけたとき、こけそうになって足を踏ん張ったりするときもブーツのほうが安心感が違う」と絶大な信頼感を寄せる。

愛用ブーツ「11” Engineer / PT99 Black Suede」

ハーレー1954年FL1200パンヘッドを駆る植村さんの着こなしは、ヴィンテージのフレンチワークジャケットにLee101Z。レッド・ウィングは、ビームス別注で話題を呼んだ黒スエードのエンジニアブーツ。

2.「シェイクダウン・トレーディング」代表 山﨑剛さん

取材協力/シェイクダウントレーディング TEL03-6796-7669

ハンドメイドやオリジナルなどここでしか手に入らないこだわりのアイテムを取り扱う『シェイクダウントレーディング』代表・山崎さん。日常の足元を飾るのはもっぱらレッド・ウィングだという。「ガキの頃からずっと履き続けているからレッド・ウィングは思い入れが違う。その時の憧れがずっと変わらずにあるんですよ。それに、アメリカメイドの量産のワークブーツメーカーとしての歴史が長いから、アメリカでいろんな労働者にリアルに履かれてきたブーツだと思うんです。そんなストーリーもたまらないですね」

愛用ブーツ「11” Engineer / PT83(PT91 LAST)」

PT91のラストだが、PT83のタグがつく過渡期のモデル。PT83はレッド・ウィングの中でも茶芯の革が多い時期のモデルだが、この個体は特に茶芯の出方が綺麗で気に入っているという。山崎さん曰く「個人的にはPT83からPT91のエンジニアがあらゆるエンジニアの中で最も美しいと思う。」

3.「ミスターブラザーズカットクラブ」ヘアスタイリスト 城間健士さん

白シャツ×グラッドハンドの太めのデニムパンツという無骨なアメカジに良く似合うエンジニアブーツ。ワンサイズオーバーのデニムパンツは、ブーツのフォルムをきれいに見せるためにロールアップはしない主義。履き込まれたエンジニアブーツに血がこびりついてしまったのも味だ。「色々と思い出深い1足です。このまま履きつぶしたいです」

愛用ブーツ「11”Engineer」

ビームスとコラボしたときに購入したスエードのエンジニア。「履きすぎて黒ずんできたので、真っ黒にリカラーをしようかなと思案中」

4.「フェイクα」店長 澤田一誠さん

澤田さんにとって2代目となるエンジニアブーツは、’97年に購入して以来、気が付けば20年選手に。バイク乗りの澤田さんは、黒のエンジニアにLeeのデニムパンツが正装。「ブーツは当時、日本未発売のスチール無しのタイプ。福禄寿でセパレートソールソールにしてもらって、革ストラップ等、カスタムしました」

愛用ブーツ「11”Engineer」

代官山のワープ&ウーフで革ストラップを編み込みにし、さらに革紐もプラスした。「レッド・ウィングらしさが無くなっちゃいましたけどね」

5.「ゴールデンレシオ」代表 飯島一樹さん

’20〜’30sのヴィンテージをベースとしたゴールデンレシオのスポーツジャケットと、シェイクダウントレーディ
ングの極太デニムにヴィンテージのエンジニアを合わせたクラシカルなコーディネイト。革ジャン、デニム、エン
ジニアと、男の三種の神器とも言える究極に潔いアイテムをタイト&ルーズのシルエットで着こなすのが飯島さんのこだわり。シンプルなスタイリング故にひとつひとつのアイテムの存在感が際立つ印象だ。

愛用ブーツ「11”Engineer/PT83」

ボロボロの状態で手に入れたPT83エンジニアを福禄寿で再生したもの。同時にソールをセパレートソールへと交換し、さらに旧い時代のスタイルとなった。タウンユースでもバイクでも使用。

6.「ウェイワードレザーズ」代表 高橋真也さん

帽子からシャンブレーシャツ、デニムと全身を夏らしいブルーで統一したウェイワードレザーズの高橋さん。ブラスのカスタムによってスタイリッシュなフォルムへと昇華され、自ら染色したというオリジナリティ溢れるエンジニアは愛車のパンヘッドとの相性も抜群だ。男らしくも潔い飾り気のないコーディネイトだけに、エンジニアブーツの個性が生えるスタイルとなった。シャンブレーシャツのボタンの開け方や色落ちしたデニムなど、絶妙な力の抜け加減は真似したいポイントだ。

愛用ブーツ「11”Engineer Boots Custom」

7〜8年前に新品で手に入れたエンジニアをブラスでカスタム。スチールを抜いて、コンバットソールへ交換後、さらに革用の染料で自ら染色し、緑がかった深みのある色となった。

7.「HIGH LARGE LEATHERS」デザイナー 山崎佳克さん

ホースハイドを使用したアイテムのみをリリースし、革好きを中心に旋風を巻き起こしている気鋭のブランド、ハイラージレザーズのデザイナーを務める山崎さんの基本コーデの中心は、いつもオーバーオール。それにレザージャケットとエンジニアがお気に入りのスタイルだ。今回もヴィンテージのカーハートのボリュームに負けないよう、PT99でバランスをとった。「このPT99から、僕のエンジニア人生が始まりました。その後、いろんなエンジニアを履いたけど、結局はレッド・ウィングに戻って来ちゃうんですよ」

愛用ブーツ「11”Engineer/PT99」

艶っぽい皺の刻まれたPT99は、山崎さんの人生初のエンジニア。馬革のレザージャケットとの相性もばっちりで、普段の足元はもっぱらこれ。

8.「JELADO」セールスPR 森俊範さん

ヒッコリー柄のネルシャツと白のオーバーオールを合わせ、旧き良きワークスタイルながらもストリートテイストを取り入れ上手にアレンジした森さんのスタイルに、レッド・ウィングは欠かせない。「レッド・ウィングもいろいろ持っていますが、やっぱり昔憧れたエンジニアが一番のお気に入りですね」。今日は最近おろしたばかりの味出し中のエンジニアで登場。皺が入りエイジングを見せつつある。「これはきちんと磨いて綺麗に履いていこうと思います」

愛用ブーツ「#2268 11”Engineer」

一見無骨な印象のエンジニアだが、実は軽めのファッションにも似合う隠れた万能選手。「次はスエードのペコスあたりを狙ってます」

9.「SEAWORTHY DRY GOODS」オーナー 相馬太河さん

アメリカンカジュアルをベースにサーフテイストを盛り込んだショップを営む相馬さんは、ボリュームのあるブーツの存在感を大切にパーカ、細身のジーンズなどシンプルなアイテムでコーディネイト。「履くごとに付いてしまう傷や汚れなどもアジとなるため、気兼ねなく履けるのもレッド・ウィングの良いところ。頑丈な作りであるため、壊れることの心配などせず、安心して履いています」

愛用ブーツ「#8268 11”Engineer/PT91」

レッド・ウィングのブーツはエンジニアを含め3足所有。青春時代から履き続けている自身のなかの定番として愛用中。

10.「ホープスモア」スタッフ 谷信也さん

世田谷・三宿にあるヴィンテージブーツ専門店、ホープスモアに努める谷さんは、これまでにさまざまなブーツを履いてきたという。そのなかでも最近のお気に入りはスエードのエンジニアブーツ。足入れの良さもさることながら、コーディネイトのしやすさもポイントだ。「ブラックの表革では無骨な印象が強いため、硬派になりすぎないスエードのエンジニアはカジュアルコーディネイトではすごく重宝しています」

愛用ブーツ「#8268 11”Engineer」

5年ほど愛用しているというスエードのエンジニアブーツ。自身の足に馴染み、それによる経年変化も多く見られる雰囲気の良い1足。

女性にも人気のレッド・ウィング! レディースサイズのコーデも必見。

レッド・ウィングには女性が履くことのできるUSサイズ4.0(約22㎝)~6.0(約24㎝)が展開されている。ワークブーツを取り入れることで、女性らしさが一層引き立つとあって、上手に自分のファッションに取り入れているレッド・ウィングガールが増えています。ここでは、そんなコーディネイトを紹介します!

「ホープスモア」スタッフ 高橋えりかさん

ブーツを履くときはジーンズとコーディネイトすることが多いという高橋さん。やや太めのルーズシルエットがエンジニアブーツと相性よし。「もともとはブラックスエードだったんですが、毎日のように履き続けた結果、緑がかった色になってしまいました」

愛用ブーツ「11”Engineer 8274」

6年ほど愛用しているエンジニアブーツは、もとの色が解らないほど退色し、アジのある雰囲気に。そのほか4足ほど所有するという。

編集部、モヒカン小川も履いてます。

所有するブーツは30足以上、スニーカーは持っておらず1年中ブーツしか履かない本誌ディレクター、モヒカン小川。革ジャン+デニム+ブーツが盛装で、足元は大抵エンジニアやペコスといったプルオンタイプ。「黒のエンジニアも履くけど、このカッパーラフ&タフのエンジニアが最近の気分。ブラックにはない独特のエイジングがたまらない」。実際に趣味の農業でもこのエンジニアをガンガン使用している。きれい過ぎないエイジングが好きだ。

愛用ブーツ「#2972 11”Engineer」

ムラ感のある深いブラウンをたたえるカッパー“ラフ&タフ”。黒にはない“土の匂い” がするところが気に入っている。エイジングも◎だ。

 

さあ、いかがでしたでしょうか? レッド・ウィングの定番であり人気のモデル「エンジニアブーツ」。気になる一足見つかりましたか?

お問合せ先/www.redwingshoe.co.jp

情報は雑誌掲載時のものとなり、現在品番変更、後継モデル、終売の場合があります。

(出典:別冊2nd「ザ・レッド・ウィング・ブック」別冊Lightning「RED WING BIBLE」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning編集部

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load