80年代生まれのアイテムを一冊に!別冊Lightning「80年代モノアーカイブス」本日発売!

今でも多方面に影響を与えているカルチャーを生んだ70年代。それに対し、80年代とはいったい何だったのか? 本書は80年代という狂乱の時代を“モノ”という視点から掘って、掘って、掘りまくった一冊である。当時モノから、今ではヴィンテージと呼ばれるモノ、そして80年代をリスペクトする気持ちから復刻されたモノまで、スタッフが好きなものを集めてきた。ある意味、80年代という時代のカラーを表すかのような、ジャンルレスな一冊に仕上がっている。80年代に幼少期を過ごした人から、バブルの狂乱に踊った人まで、ページをめくるたびに、あの時代の熱気をもう一度感じてることができるはずだ。簡単ではあるが、コンテンツを簡単に紹介していこう。

1.80年代ファッションモノ・アーカイブス

まずはファッションから。80年代というと、DCブランドのブームを思い浮かべる人も多いだろう。だが、80年代こそが、今も続くストリート・ファッションの原点であるといっても、それはあながち間違ってはいないはずだ。ここでは当時モノから復刻モノ、そして定番となり今でも買えるモノを紹介。そして80年代のリアルなシーンを体験した“賢者たち”にインタビューを行い、80年代ファッション・シーンを、モノとカルチャーの視点から振り返る。

2.電子ゲーム・アーカイブス

みんな懐かしく感じるであろうゲームも網羅。各社から発売されたLSIゲーム。蛍光表示管のFLタイプと液晶のLCDタイプ。今とは比べられないほど、単純な表現方法だったが、どのゲームもしっかりとしたゲーム性、そして細部までデザインされたひとつひとつに明確な個性のあるゲームばかり。

3.ミニ四駆に熱狂したあの頃、クルマはヒーローだった

忘れてはいけないのがこちら。アラフォー・アラフィフの男性なら、RCカーは子供のころに欲しくてたまらなかった、憧れのホビーのひとつであることは間違いないだろう。ここではタミヤがリリースした、80年代を駆け抜けた10台の名車を紹介。

4.チープだけど夢が大きく広がったコスモスガチャガチャ

小銭を入れてハンドルを回す。はたして何が出てくるのか……ガチャガチャから出てくるカプセルには夢がいっぱい詰まっていた。昭和の子供の心を踊らせた痛快なグッズを一挙紹介!

さあ、80年の懐かしきものたちを思い出す、最高のひと時を。この一冊とともに秋の夜長にいかがでしょうか?

(出典:「別冊Lightning 80年代モノアーカイブス」)

SHARE

PROFILE

Lightning 編集部

Lightning 編集部

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load