レッド・ウィングRED WINGの定番、アイリッシュセッター「875」ってどんなブーツ?

1905年創業のレッド・ウィング。アメリカのワークブーツの第一人者として今日、世界中で認知されているが、その地位に登り詰めるまで、様々なワークブーツを手掛けてきた。その歴史の中でも、特にアーカイブ性の高いプロダクツといえば「875」であろう。アイリッシュセッターの誕生から875の登場の歴史、875のコーディネイトまで魅力をご紹介しよう。

アイリッシュセッターはいつ誕生し、初期の展開はどうだった?

ワークブーツの主峰として、本国アメリカではもちろん、日本でもブランドを代表するモデルとして知られるアイリッシュセッター。白く底の平なトラクショントレッドソールが、このモデルのアイデンティティである。

#854 Irish Setter (1950年誕生)

#854 Irish Setter (1950年代前半)

#877が世に登場する2年前に誕生した、最初期のアイリッシュセッター。当時カリフォルニアのタンナーで開発された、美しいオレンジがかった茶色のフルグレインレザーの独占使用権を得たレッド・ウィングは、そのレザーで8インチ丈のハンティングブーツをつくった。

オハイオ州のリマ・コード・ソール&ヒール社が開発したソールパターン。ヴィンテージ市場でも見かけることはなく、非常に珍しいものと なっている

モカシンタイプのつま先や、靴の側面下部に縫い目が入らないオールアラウンドバンプ、そして当時ハンターたちに人気のあったグロコード「キングB」ソールを組み合わせたこのハンティングブーツのベロ裏には、ハンターの姿をあしらったグリーンのタグが縫い付けられていた。1950年、#854という品番で発売されたこのブーツは、そのレザーの色が猟犬のアイリッシュセッターの毛並みに似ていたことから、カタログ上で初めて「アイリッシュセッター」というニックネームが付けられたことで知られる。

1950年、最初のアイリッシュセッターに付けられた通称「ハンタータグ」。アイリッシ ュセッターがハンティング用途として誕生したことを物語る

その2年後にこのモデルを進化させ、靴底がフラットな厚いクッションクレープソール──のちのトラクショントレッドソール──を装着した#877が誕生し、全米で大ヒット。その潮流は現在まで継続されている。ちなみにこの#854は、1958年に終売となった。

#877 Irish Setter (1952年誕生)

#877 Irish Setter (1950年代後半)

#854をベースにアッパーデザインを改良し、ソールにクッションクレープソール(今日のトラクショントレッドソール)を採用した#877は、1952年に誕生した。

当時はトラクショントレッドソールという 名称はまだなく、底のトレッドパターンも 現在とは異なるクッションクレープソール であった

男性用の靴で初めて快適性と静音性に優れた、クッション性に富んだ底の平らな白いソールを採用した事は、当時としては冒険であったが、これが大ヒットした。このヒールがないフラットソールのブーツは、本来のターゲットであったハンターだけではなく、ワーカーも屋根の梁上や梯子で作業する際の、抜群の安定性を高く評価した。1954年には猟犬をデザインしたタグが開発され、6インチやオックスフォードなど、いくつかのバリエーションが誕生し、今日に続くアイリッシュセッターの形ができあがった。

初期のアイリッシュセッターに付けら れる犬タグは刺繍製で、手の込んだ造 りをしていた。その後1960年代に入 るとプリントのタグに変更される

ちなみに、当時アイリッシュセッターのラインに使われていたオロラセットレザーは色が安定せず、赤茶に近い濃いものからゴールドの色調を持つ明るい色のものまでさまざまな色合いのものがあった。このサンプルはオロラセットが明るい色に仕上がった時のもの。現在のアイリッシュセッターに使われている革色のゴールドラセット・セコイアは、当時のオロラセットレザーの色目のなかでの、こうした明るいものをベースとして開発された。

1954年アイリッシュセッター誕生から4年後、「877」のバリエーションとして誕生した「875」

#875 Irish Setter(1960年代前半)

#877の6インチのバリエーションとして1954年に登場し、現在まで続くロングセラーである#875。この#875も、#877も、デザインは発売当初から基本的に変わっていないが、#875に関しては1960年代の一時期(’63年〜’65年)のみ、つま先のモカシン縫いの方法が変更された時期がある。この靴はその時期に作られたもので、つま先が通常の「おがみモカ」でなく、甲のU字型の部分の縫い目に革をかぶせた「かぶせモカ」で作られている。

「かぶせモカ」仕様となったつま先部分。 ハンティングシーンでの止水性能の向上を図った、特徴的なデザインである

止水性を狙ったこのデザインはハンティングブーツによく見られる。またレッド・ウィングでも、一部のハンティングブーツにこの製法を使っており、その応用でもあった。ワーカーからの需要が多く、ハンティングブーツというよりもワークブーツとして履かれた#875の場合、この製法はそれほど必要とされなかったようで、’66年には元の通り、二つの革パーツの縁を両側から縫い合わせた「おがみモカ」に戻されている。写真の#875は「かぶせモカ」でつくられた当時の、極めてレアな逸品である。

同時期に誕生した「877」の派生モデル、「895」

#895 Irish Setter(1960年)

1954年に#877のバリエーションとして誕生した中に、6インチブーツである#875などと共にこの短靴(オックスフォード)があった。ふたつの革パーツの縁を両側から縫い合わせた「おがみモカ」製法、そして腰革にライニングなしの一枚革を使用するなど、#875のショートカット版ともいえるこのオックスフォード#895は、1964年まで製造された。アイリッシュセッター#9895は、この#895を再現したもの。

日本市場の要望を得て復活したアイリッシュセッター

#875 Classic Work 6” Moc-toe

1990年代の日本で爆発的な支持を得た「アイリッシュセッター」だったが、その裏で本国アメリカでの販売が鈍化した影響により、1998年にその名称は消失してしまう。しかし日本が「アイリッシュセッター」に大きな思い入れをもっている事が理解され、2011年に日本が望む形で復活。再び生まれる意味も見直され、誕生当時の佇まいを色濃く残し、当時と同じアメリカの工場で当時と変わらぬ製法で作られている。

#875もまた、往年のワークブーツらしさを今に伝えるコレクション「HERITAGE WORK」から、#875 Classic Work 6” Moc-toeとして、品番をそのままにロングセラーとなっている。

アイリッシュセッター「875」のコーディネイト6選

現在にも続くロングセラー「875」を取り入れたコーディネイトは、どの時代の「875」なのかも注目したくなる。長年に渡って、広く愛されてきた「875」コーデをチェックしよう!

1.「ベルベルジン」ディレクター 藤原裕さん

ヴィンテージショップの名店で知られるベルベルジンのディレクターであり、自身でもヴィンテージ本の監修を行なうなど幅広い活躍を見せる藤原さん。ジーンズと同じく、永遠の定番だと言わしめるレッド・ウィングは、#875、エンジニア、ポストマンなどスタイルに応じて履き分けているという。いずれも彼らしくオールドのものをチョイスしている。「お気に入りの#875は、日本ではなかなかお目にかかることのできない9ハーフのEワイズというサイズなので、フィット感も良く、履き心地も抜群です」

愛用ブーツ「#875 Irish Setter」

数あるレッド・ウィングのラインナップのなかでも定番として名高い#875。藤原さんが所有するブーツは1970年代頃に作られたオールドタイプ。

2.松島壮太朗さん

14歳にしてレッド・ウィングのブーツを履きこなす驚異の中学生。オーバーオールにモックトゥを合わせたクラシカルなワークスタイルは果たしてイマドキのJCにウケるのか!?

愛用ブーツ「#875 Classic Work/ 6” Moc-Toe」

3.佐藤しのさん

ブーツを履くとその重みに気合が入るという佐藤さん。ブーツと近い色のベルトやレザーバングルをチョイスし、統一感を持たせたテクニックが光る。次はペコスを狙っているとか。

愛用ブーツ「#875 Classic Work/ 6” Moc-Toe」

4.小澤圭史さん

靴修理を生業とする小澤さんは’80年代の#875を一度バラして、ソールや中底、先芯などすべて自らカスタム。Tシャツの赤を差し色とした古着中心のコーディネイトも◎。

愛用ブーツ「#875 Irish Setter」

5.新谷正明さん

#875のド定番のデザインがお気に入りだという新谷さんは、古着のオーバーオールを主役とした爽やかなオールドワークスタイル。こちらも約20年選手だがまだまだ履けるそう。

愛用ブーツ「#875 Irish Setter」

6.山口真紀さん

デニムとの相性の良さやクレープソールの柔らかい履き心地が好きでクラシックワークを愛用しているという山口さん。アメカジの王道とも言える安心感のあるスタイルだ。

愛用ブーツ「#875 Classic Work/ 6” Moc-Toe」

 

さあ、いかがでしたでしょうか? レッド・ウィングの定番であり人気のモデル「857」。気になる一足見つかりましたか? ぜひ875の派生モデルもチェックしてみてください。

お問合せ先/www.redwingshoe.co.jp

※情報は雑誌掲載時のものとなり、現在品番変更、後継モデル、終売の場合があります。

(出典:別冊2nd「ザ・レッド・ウィング・ブック」別冊Lightning「RED WING BIBLE」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning編集部

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

Lightning TOPへ

No more pages to load