BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

革ジャンのインナーは、身丈が最適な「ハイウェイナイン」のUネックハニカムサーマルで決まり!

ライトニング本誌でも、何度か紹介してきた「ハイウェイナイン」。革ジャンのインナーとして開発されたTシャツをリリースしており、記事を書いている私モヒカン小川も5着ほど購入して毎日着ているのだが、なんと今回、そのハイウェイナインから、長袖のハニカムサーマルが登場したのだ。

もちろん、革ジャンのインナーとして最適な着丈を持つ、完全な俺仕様。そして嬉しいことに、Uネック仕様なのよね(クルーネックもラインナップ)。

「ハイウェイナイン」のハニカムサーマル

カラーはナチュラルとチャコールの2色あり。このUネックの胸の絶妙な開き具合が、モヒカン小川の 好み。すでに2枚ずつ購入済み

革ジャンの下にTシャツを着る際、俺は100%、Uネックを着る。なぜか。ロックだから。そう、首元がルーズなのが、俺にとってのロックスタイルなのだ。俺の大好きなB.スプリングスティーンの名盤『BORN TO RUN』のジャケも、革ジャンから覗くボスの胸元はダルダルだったし。そんなにロックが好きならタンクトップを着ろよ、という声が聞こえてきそうだが、50歳を手前に胸元ぱっくりは、やっぱり照れ臭い。で、辿り着いた俺の結論が、Uネックというわけ。

ミリタリーで見かけることが多いハニカムサーマルを採用した、ハイウェイナインの意欲作。「革ジャンのインナー」をテーマに開発され、 最適な着丈と、すっきりしながらもピタピタにならない絶妙なシルエットを持つ。カラーはナチュラルとチャコールの2色展開で、それぞれUネックとクルーネックをラインアップ。5940円(問い合わせ/マスファルト TEL03-6383-4006 http://www.masphalto.jp/)

言っておくが、断じてVネックではない。あくまでUネックが俺のツボ。で、コイツである。ロングスリーブ仕様のサーマルで、しかも愛するUネック。これなら、寒い冬にも重宝してくれそうでしょ。気になる着丈も、上の写真を見るとわかるように、革ジャンとのマッチングは、まさに、非の打ちどころのない「黄金比」。値段も5940円と安いので、何枚も買えちゃう。全国の革ジャンラバーの同胞たちよ。こいつはマジでおすすめですよ。

生地はハチの巣状に編まれたハニカムサーマルを採用し、伸縮性も抜群。若干ラウンドした裾のデザインも◎
パッケージは、ギターが描かれた完全なロック仕様。何枚か買ってこのまま棚にストックしておきたい

【問い合わせ】
マスファルト
TEL03-6383-4006
http://www.masphalto.jp/

▼革ジャンの着丈の記事はこちらもチェック!

【ショット・ワンスターで検証!】どこまで見えてOK? 革ジャンのインナー、着丈のルール。

【ショット・ワンスターで検証!】どこまで見えてOK? 革ジャンのインナー、着丈のルール。

2019年09月20日

(出典/「Lightning2019年12月号Vol.308」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load